nepontop11.jpg

Blog rssicon

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 酒井朝羽さん

更新日:2018年01月21日|書いた人:少女都市からの呼び声

酒井朝羽(役:町の人)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
酒:高校一年からです。当時演劇部に入っていました。大学でも、サークルで演劇をやっていますね。
三:普段はどんなことをしているのですか?
酒:大学に行っていて、今3年生です。レジ打ちのバイトもしています。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
酒:高校生の時だったかな?短編の時だったと思うんですけど、母親と見に来ました。それが初めです。
三:どんな経緯で今回の演劇に参加することになったのですか?
酒:去年サトケンさん(佐藤健一:有沢、乞食老人、兵隊役)にあるイベントで知り合って、それ以来仲良くなったんですけど、それで、今回声をかけていただいて。ちゃっかりやらせてもらってます。(笑)
三:ネオンホールに対してどんな印象を持っていますか?
酒:私は小学生の頃から長野市に住んでいて、たまにこの辺を通るとネオンホールがあって、すごく気になる存在だなと思っていました。演劇をやる小屋というか、場所があるってことはすごく素敵なことだなと思います。昔からあるところで、良いところだなぁと思いますね。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
酒:稽古で皆さんの迫真の演技を見ていて、私もこんな舞台に参加させていただけているのがすごく嬉しくて。もっと勉強しなきゃなっていうのもあるし。町の人は結構楽しい役だと思うので、とにかく楽しみつつやりきりたいなと思います。

三代

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー クリス・クランシーさん

更新日:2018年01月21日|書いた人:少女都市からの呼び声

クリス・クランシー(役:町の人)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
ク:いつからかな…20年くらい前かな。アメリカのサンフランシスコの大学で、ドラマクラブに入っていました。
三:日本に来たのはいつですか?
ク:2000年。もう17年くらい前だね。
三:普段はどんなことをしているのですか?
ク:日本に来てから最初の16年は英語教師をやってたね。だけど今は普通の会社員。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
ク:1999年、初めて日本に来たとき、京子さん(クランシー京子:看護婦役)がここに連れて来た。多分、清水さん(清水隆史:当時のネオンホール店長)に僕を紹介しに来たのかな。
三:ネオンホールで初めて舞台に立ったのはいつですか?
ク:たしか短編劇場かな…?6、7年前だと思います。京子さんと一緒に二人で芝居をやった。台本は、京子さんの作ったもので。
三:ネオンホールに対してどんな印象を持っていますか?
ク:今まで、たくさんのライブや演劇を見に来て、楽しいところだと思いました。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
ク:久保井さんには、感謝してるね。カフェシアターの演劇や、ネオンホール短編劇場でも、みんなに感謝していますね。私は外国人ですけど、みんなと一緒に参加します。それが良いじゃない?楽しみですね。

三代

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー つちやひろこさん

更新日:2018年01月21日|書いた人:少女都市からの呼び声

つちやひろこさん(役:乞食老人、町の人たち)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
つ:高校入学してすぐですね。17、8年やってますね。
三:普段はどんなことをしているのですか?
つ:特急列車の車掌をしています。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
つ:高校一年生のときの、秋ですね。劇団七味堂さんが旗揚げ公演をこちら(ネオンホール)でしたんだよね。そのDMを見て、権堂なら近いし行ってみようと思って行ったのが最初ですね。それが15、6年前ですかね。それ以降も、ネオンホールにはお芝居を見に時々来てました。
三:そのときのネオンへの印象は?
つ:最初、怖いとこだなっていうか…(笑)なんか、「どこ連れていかれるんだろう私たち」みたいな、そういう心細さとか怖さみたいなものはあったかな。だけど、まあ一回入って雰囲気に慣れちゃえばね、どうとでもなる空間っていうか。舞台を別に舞台側だけでやらなくてもいいじゃないですか。客席を舞台にしてもいいし、窓がある側を舞台にしてもいいし。どこからでも照明も吊れるし、音響も仕込めるし。だから面白いなと思って。本当に自由度が高いし、やりやすくて面白いところですよね。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
つ:20周年で出させてもらって、25周年でも出させてもらえていて…気持ちを新たにという感じでやらせてもらっています。役については、町の人ということで、のびのびやりたいです。今回、25周年ということで、いつもと違うこともいっぱいあるけれど、一つのお芝居として真剣に関わらせていただきたいと思います。


三代

長野市民日記-225

更新日:2018年01月20日|書いた人:【連載】長野市民日記

 今日、演劇の練習をした。
 ボクは来週、演劇公演に出演する。その公演のための練習に参加したのである。
 舞台「社畜とメス豚」の練習に励む我々。
 「なんで?なんでこんなことしたの?」
 「なんでか?ふ、愚問ね!お金が欲しかったからに決まってるじゃない!」
 ビットコインを女に騙し取られた会社員を演じるボク。女詐欺師と対決する場面。 
 「じゃああの愛の言葉も全部ウソなの?」
 「ええ、ウソ」
 「春になったら結婚するって話も?」
 「ウソウソウソウソウソウソ」
 「そ、そんな~(泣)」女の足もとに伏して泣くボク(演技)。
 「この負け犬野郎め」頭を踏みつけてくる女。しかし、グググッと顔を上げ笑うボク。
 「引っかかったな!お前を逮捕する!」
 社畜ではなく実はおとり捜査の刑事という設定。ここが劇の見せ場なのである。

週刊 中川よしのの400字 216

更新日:2018年01月20日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20180116-01.jpg


■中川よしのプロフィール
主に小説を書き、時に戯曲も書く1975年生まれの42歳、気弱なおっさん。
散文の朗読や、演劇などでも『中川よしの』の名前で活動しております。
1/21(日)に『おいしい空気』というコンテンポラリー演劇のワークショップに
出演します。@サントミューゼ(上田市)。入場無料。検索してみてネ!

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 佐藤健一さん

更新日:2018年01月20日|書いた人:少女都市からの呼び声

佐藤健一さん(役:有沢、乞食老人、兵隊)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
佐:高校一年生の時です。だから、23年くらい前。
三:普段はどんなことをしているのですか?
佐:演劇のお仕事がほとんどなんだけど…講師のお仕事が多いですね。ワークショップの講師とか、子供向けの芸能スクールの演技の指導とか。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
佐:高校一年の冬ですね。当時高校生でやっていた「劇団某」の公演をネオンホールでやらせてもらって。それが初めですね。当時、演劇班とはまた別の高校生アマチュア劇団みたいのを作っていて、それを清水さん(当時のネオン店長)がすごく面白がってくれて、仲良くしてくれましたね。
三:その後もネオンで出ていたんですか?
佐:高校の時に3回ほど公演をさせてもらってからは出ていなかったです。大学に行ったり、上京したりしていたので長野にいなかったのもあって。そのあと演劇やめようと思って長野に帰って来たんだけど、でも何か見に行ってみようと思って行ったのがネオン短編(ネオンホール短編劇場)でした。それ以降長野でやるようになってからは、ネオンに時々見に来たり出演したりしていますね。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
佐:僕のやる有沢という役は、うまくバトンを繋いでいかなきゃいけないというか…出ていないシーンが多いけど、熱くなっていく劇場のテンションをうまくラストに繋ぐ、と。ある意味共感してもらいやすいキャラクターだと思うので、お客さんに共感してもらいつつ、不思議な少女都市の世界と現実とを繋ぐことができたらなと思います。

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 岡村二郎さん

更新日:2018年01月20日|書いた人:少女都市からの呼び声

岡村二郎さん(役:医師たち1、老人A)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
岡:忘れちゃった(笑)…あ、国定忠治だ。2010年だから、8年くらい前。ネオンホールで初めてやったのは、ガラス組かなぁ。
三:普段はどんなことをしているのですか?
岡:自営で建築業やリサイクルショップをやっています。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
岡:西澤くん(西澤尚紘=「町の人」役)に連れて来てもらったんだよね。10年くらい前、うちの店が紹介されてる本を読んだ西澤くんが店に訪ねて来て。そこから仲良くなって、面白いところがあるって紹介されたのがネオンホールだね。
三:その日ネオンでは何があったんですか?
岡:「名無しの0」(オープンマイク)だね。最初は見てただけだったんだけど、そのうち喋りたい衝動に駆られて(笑)。で、そのとき初心者演劇講座のチラシをもらったんだよね。お酒も飲んでたから、やるよって言ってしまって。演劇はそこからですかね。その後も西村さん演出の演劇や、短編劇場に出させてもらっています。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
岡:久保井さんは、やっぱりすごい人だなあと思ってね。ありがたいなあと。あとは、やっぱり皆でやるものだから、段取りをちゃんと覚えて、迷惑をかけないようにやりたいなあと。謙虚な気持ちで。れーじさんが相手役で、一緒にやれるのもありがたいと思いますね。だから、れーじさんに合わせる感じでやりたいですね。

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 西澤尚紘さん

更新日:2018年01月17日|書いた人:少女都市からの呼び声

西澤尚紘さん(役:まちの人)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
西:2010年の夏からです。ネオンホールの公開ワークショップに出ないかって赤尾英二さんにという人に誘ってもらったのが最初です。
三:普段はどんなことをしているのですか?
西:便利屋です。この時期は、雪かきとか、古本屋の友達の手伝いとか。最近は新聞配達をやっています。あと最近リサイクルショップの手伝いで、ヤフオクを始めました。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
西:プリミ恥部という、音楽と映像とダンスを組み合わせたような表現集団があって、その人たちのパフォーマンスを2009年に見に来たのが初めですね。
三:そのときの印象は?
西:音楽表現にしろ映像表現にしろ、それまであまり関わってきてなかった、身近にはなかった事柄なので、こういう世界があるんだって。こういうことをやる人たちがいたりそれを見に来る人たちがいるんだって思いました。それから2回くらいライブを見に来て、その後平日のカフェバーに来たら、そのとき店長だった小川哲郎さんに、今度ネオンのクラブ活動・『ふしぎ部』に来てみないかって誘われて。その当時僕が博物館で遺跡発掘の仕事とかしてたのもあって。それで、じゃあ行きますって言って、平日にもよく行くようになって、だんだんネオンホールとの関係が深まっていきました。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
西:まちの人の一人をやるってことで…動き・動線の確保とか、歌が重要になってくる役なので、そういうのをしっかりできるようにしたいです!

三代

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 平成田頑年さん

更新日:2018年01月17日|書いた人:少女都市からの呼び声

平成田頑年さん(役:フランケ醜態)

三:演劇はいつから始めたのですか?
平:この名前で活動を始めたのは、平成元年です。
三:普段はどんなことをしているのですか?
平:アルバイトの仕事ですね。コンビニ店員や、本屋の配達だとか。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
平:大学生の時、タウン情報誌を見てたら、割と近くでインスタレーションをやるっていうお知らせが出てて。しかも信大の学生さんがやるということで、面白そうだな、と行ってみたのがネオンホールでした。その当時私は信大のおまつり研究会に入っていたんだけど、外でやることはあまりなかったんですよね。初めてネオンホールの舞台に立ったのは、カフェシアターさんの記念公演の「邪宗門」ですね。
三:その後もネオンでお芝居を?
平:そうですね。自分で脚本を書いてやらせてもらったこともあります。演劇だけでなく、本の朗読もやったし、今はオープンマイクにも顔を出させてもらっています。個人的には、観客との距離がより近い空間でやれるお芝居が好きだから、ネオンホールのお芝居っていうのはとても楽しいですね。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
平:ただひたすら、頑張るしか無いな、という。いっぱいいっぱいですが…楽しんでやれればと思います。フランケ醜態の、ある種の狂いであったり偏執的なものに対しては共感するものがあって、そういう役をやらせてもらえることはありがたいし、その役に少しでも近づくことができればと思っています。ネオンホールは本当に始まったときからのお付き合いなので、この25年を噛み締めて舞台に立ちたいです。

三代

ネオンホール25周年記念演劇公演 『少女都市からの呼び声』稽古 1/11(木)

更新日:2018年01月12日|書いた人:少女都市からの呼び声

1/11(木)
音響スタッフが休みだったため、写真を撮る発想がなく今日の夕飯の写真です(哀)
来れた人でやれるシーンをやりました。
稽古後、久しぶりに来てくれたスタッフ三代さんがなにやら始動。
(最近放りっぱなしだったキッチンや事務所もスッキリ片付けてくれた…)
みしろさんと久しぶりにおしゃべりして
結局みんな帰ってから照明吊って、写真の夕飯を食べたのは朝6時でした。
もうすぐ久保井さんが来ます。

natsumi

ネオンホール25周年記念演劇公演
『少女都市からの呼び声』
作 唐十郎/演出 久保井研(劇団唐組)

2018年1月23日(火)〜28日(日)
23(火)〜26(金)20:00開演
27(土)19:00開演
28(日)17:00開演

一般:前2000円/当2500円
学生:前1000円/当1500円

【チケット予約 12/20水〜】
メール:ticket@neonhall.com
件名:ネオンホール25周年記念公演 予約
1)日程 2)お名前 3)区分(一般/学生) 5)枚数 4)電話番号
を入力し、送信して下さい。

予約フォーム:https://goo.gl/forms/yLxM4V29DeYvD4eD3

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 増沢珠美さん

更新日:2018年01月12日|書いた人:少女都市からの呼び声

増沢珠美さん(役:雪子)

三:演劇を始めたのは、いつ頃ですか?
増:大学3年のときに客演したのが初めてとしよう。
三:普段はどんな仕事をしているのですか?
増:えー、色々。昨日は、小学校での演劇ワークショップ、最近はもんぜんまち劇場の企画、あと空き家見学会とか…まぁ企画・編集室ナノグラフィカの運営が主だね。
三:ネオンホールに初めて来たきっかけは?
増:大学3年の時に、清水(ネオンホール創始者:清水隆史)に誘われてネオンのオープニングイベントのインスタレーションを見に来た。
三:どうしてネオンの運営をやることになったのですか?
増:当時の私には、清水の考え方・世界観・やってることがすごい新鮮で、くっついて回って、ネオンホールにもよく遊びに来てたんだよね。で、1年目ネオンに住んでた櫻井くん(The End)とナカジ(SLOWLIE)が引っ越すことになって。大学卒業を機に住むことにした。教員をやりながら、2〜3年は住んだと思う。私がネオンをやるようになってから、ライブの本数を増やしたり、カフェバーや平日プログラムを始めたりしたから、どんどん手狭になって、引っ越したんだけどね。その後も、10周年くらいまではネオンの運営をやってたかな。
夏:当時から今のネオンに引き継がれている部分は?
増:今のネオンのシステムは、当時の清水と自分と、人格としてのネオンとの対話を通して作ってきたのを引き継いでくれてると思う。「好きなことをやっていく」っていう考え方を充満させてきたっていうのはあるかな。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
増:生きて舞台に立つ!?


三代

ネオンホール25周年記念演劇公演 『少女都市からの呼び声』稽古 1/10(水)

更新日:2018年01月11日|書いた人:大沢夏海

1/10(水)
今日は、久しぶりに松本からの役者さんが来てくれて稽古しました。


ネオンホール25周年記念演劇公演
『少女都市からの呼び声』
作 唐十郎/演出 久保井研(劇団唐組)

2018年1月23日(火)〜28日(日)
23(火)〜26(金)20:00開演
27(土)19:00開演
28(日)17:00開演

一般:前2000円/当2500円
学生:前1000円/当1500円

【チケット予約 12/20水〜】
メール:ticket@neonhall.com
件名:ネオンホール25周年記念公演 予約
1)日程 2)お名前 3)区分(一般/学生) 5)枚数 4)電話番号
を入力し、送信して下さい。

予約フォーム:https://goo.gl/forms/yLxM4V29DeYvD4eD3

ネオンホール25周年記念演劇公演 『少女都市からの呼び声』稽古 1/9(火)

更新日:2018年01月10日|書いた人:大沢夏海

1/9(火)
暗くしたり明るくしたりしながら、ざくざく通してみました。


ネオンホール25周年記念演劇公演
『少女都市からの呼び声』
作 唐十郎/演出 久保井研(劇団唐組)

2018年1月23日(火)〜28日(日)
23(火)〜26(金)20:00開演
27(土)19:00開演
28(日)17:00開演

一般:前2000円/当2500円
学生:前1000円/当1500円

【チケット予約 12/20水〜】
メール:ticket@neonhall.com
件名:ネオンホール25周年記念公演 予約
1)日程 2)お名前 3)区分(一般/学生) 5)枚数 4)電話番号
を入力し、送信して下さい。

予約フォーム:https://goo.gl/forms/yLxM4V29DeYvD4eD3

ネオンホール25周年記念演劇公演 『少女都市からの呼び声』稽古 1/8(月)

更新日:2018年01月10日|書いた人:大沢夏海

1/8(月)
今日も稽古しました。写真係になりきれず、撮るタイミング微妙!な微妙写真を量産してます。


ネオンホール25周年記念演劇公演
『少女都市からの呼び声』
作 唐十郎/演出 久保井研(劇団唐組)

2018年1月23日(火)〜28日(日)
23(火)〜26(金)20:00開演
27(土)19:00開演
28(日)17:00開演

一般:前2000円/当2500円
学生:前1000円/当1500円

【チケット予約 12/20水〜】
メール:ticket@neonhall.com
件名:ネオンホール25周年記念公演 予約
1)日程 2)お名前 3)区分(一般/学生) 5)枚数 4)電話番号
を入力し、送信して下さい。

予約フォーム:https://goo.gl/forms/yLxM4V29DeYvD4eD3

長野市民日記-224

更新日:2018年01月10日|書いた人:【連載】長野市民日記

 今日、温泉に来た。
 一人で温泉旅行。一人で岐阜県の下呂温泉に来たのである。(4時間かけて来た)
 下呂温泉は山と山の間、川沿いに広がる温泉街。とあるホテルにチェックインするボク。
 「温泉に入ろっと!」
 最上階にある露天風呂に入る。
 「うい~最高だぜ~」
 タオルを頭にのせ夕焼け空を眺める。そして思う。「ボクももう36歳か~」
 今日は自分の誕生日なのである。バースデープレゼントとして(自分から自分へ)このホテルに泊まりに来たというわけ。
 「これマジうめ~」
 一人、客室でお膳のおごっそを食べる。
 いつもは精神病院の隔離病棟で看護師をしているボク。いつもはウツと狂気との戦い。
 昨日も自殺未遂した人を看護。
 「生きてれば良いことありますから~」
 そう言ってはげました。

週刊 中川よしのの400字 215

更新日:2018年01月10日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20180109-01.jpg

■中川よしのプロフィール
主に小説を書き、時に戯曲も書く1975年生まれの42歳、気弱なおっさん。
散文の朗読や、演劇などでも『中川よしの』の名前で活動しております。
1/21(日)に『おいしい空気』というコンテンポラリー演劇のワークショップに
出演します。@サントミューゼ(上田市)。入場無料。検索してみてネ!

ネオンホール25周年記念演劇公演 『少女都市からの呼び声』稽古

更新日:2018年01月07日|書いた人:大沢夏海

1/7(日)
今日は午後から稽古しました。
昨日音響照明卓をネオンの音響チームが移動してくれて、
Bitoke氏の花道も設置されたのでグッと芝居小屋感が増してきました。
音響を入れて、簡単な照明を作りながら
代役多めながら通して稽古をしました。
久保井さん不在ですが、みんなで協力して準備を進めています。

ネオンホール25周年記念演劇公演
『少女都市からの呼び声』
作 唐十郎/演出 久保井研(劇団唐組)

2018年1月23日(火)〜28日(日)
23(火)〜26(金)20:00開演
27(土)19:00開演
28(日)17:00開演

一般:前2000円/当2500円
学生:前1000円/当1500円

【チケット予約 12/20水〜】
メール:ticket@neonhall.com
件名:ネオンホール25周年記念公演 予約
1)日程 2)お名前 3)区分(一般/学生) 5)枚数 4)電話番号
を入力し、送信して下さい。

予約フォーム:https://goo.gl/forms/yLxM4V29DeYvD4eD3

週刊 中川よしのの400字 214

更新日:2018年01月03日|書いた人:【連載】中川よしのの400字

NY400w_20180103-01.jpg


■中川よしのプロフィール
主に小説を書き、時に戯曲も書く1975年生まれの42歳、気弱男子。
散文の朗読や、演劇などでも『中川よしの』の名前で活動しております。
1/21(日)に『おいしい空気』というコンテンポラリー演劇に出演します。
@サントミューゼ(上田市)。入場無料。検索してみてネ!

長野市民日記-223

更新日:2018年01月03日|書いた人:【連載】長野市民日記

 今日、雪が降った。
 長野市は朝から雪。15センチくらい積もっている。その状態から新聞配達に行った。
 「うわ~!転びそ~!」
 雪道をスクーターで走行するボク。雪道は二輪車と相性が悪い。ゆえに気をつけていく。
 「顔に雪があたる~!」
 現在進行形で顔に雪が降りそそぐ。マジで冷たいカンベンしてほしい。
 「でも頑張る!」
 でも頑張って新聞を配る。
 105軒目(全部で110軒配る)の家のポストに新聞を入れたところで思った。
 「これ終わったら温泉行こっと!」
 雪でぬれて手足が冷たい。それを温めるため近くのスーパー温泉に行くことを決心するボク。決心していると・・・。
 "ガスッ!!”コケた。
 カーブでスリップしてコケた。低速につきケガは無し。「油断大敵!」そう思った。

« 2017年12月  |  Blogトップ  |  


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る