nepontop11.jpg

Blog rssicon

2010/11/02(火)!!

更新日:2010年11月02日|書いた人:大沢夏海

いつからか見に行くようになった(と言ってもまだ2回か)
名古屋の高架下のライブハウスが企画する演劇プロジェクト
「ハポン劇場project」。

昨日ネオンの事務所に新しい公演のチラシが届いていました。
今度の公演はなんと「マクベス」!

なぜに“なんと”なのかといえば
今年の9月、長野演劇シーンにいろんな意味で衝撃を与えた(のか?!)
もとい、哲郎が参加したオトナノ☆ゲキダンの旗揚げ公演
「マクベス」だったからなのです。
まあ、冷静に考えればそんなに大騒ぎする事でもない気がしてきましたが
単純に「観てみたい!」です。

長野市演劇界に殴り込みをかけるべく結成された
オトナノ☆ゲキダンの「マクベス」。

初めて観た公演の夜、興奮しすぎて眠れなくなった
名古屋ハポン劇場、のパンク歌舞伎「マクベス」。

全身全霊、どこまで、なにをするんだろう!
なにを、どんな世界を、みせてくれるんだろう。


にゃー!楽しみ。

--------------
以下HPより

◇ハポン劇場project×TURTLE ISLAND◇
パンクロック×シェイクスピア×カブキ

パンク歌舞伎「マクベス」
macbeth01.gif

演出/原智彦
原作/ウィリアム・シェイクスピア
音楽/タートルアイランド

17 世紀初め英国においてシェイクスピア作「マクベス」上演される。同じころ日本では「歌舞伎」が産声あげる。どちらも白ぬりの顔した男達によって演じられた。客はバケモノを見る様に息つめて見つめたにちがいない……。
私の芝居は「オモシロ」ければイイ。
愛しい人間達の身体が心ゆくままネジれてくれればイイ。……と思っている。
モンスター・マクベスと彼を自在に操る妖巫達の血ぬられたゲーム。ハゲシク。セツナク。コッケイにしてザンコク。江戸に咲いた悪の華「歌舞伎」そのもの。こんな「見世物芝居」にはパンクロックがよく似合う。パンクは真っ直ぐ。一瞬にして掴み去るスピード。朴訥と語りかける節くれ立った力強さ。そんなバンド「TURTLE ISLAND」に出会い、ついにパンク歌舞伎「マクベス」の誕生だ。舞台はもちろん能舞台。まわりをお客にぐるりと囲まれ「見世物芝居」を演るにはもってこいの場所なのだ。音・映像・ダンス・芝居、絡まるサイケデリックな舞台、特に今回は全25 曲オリジナル。しかもTURTLE ISLAND 生演奏だ。
シビレルぜ。 ─────原 智彦

◆公演日/2010年12月23日〜25日(全4公演)※23日昼公演は中・高生特別鑑賞会
◆会場/名古屋能楽堂<名古屋市中区三の丸1-1-1 ☎ 052-222-6699>

◆チケット/前売3800円、当日4300円(全自由席)
チケット発売/11月11日(木)より発売開始
取り扱い/◇ハポン劇場project【電話予約 080-4229-4424(受付時間:11時〜19時)】
◇チケットぴあ【インターネットから購入】お近くのぴあスポット、セブンイレブン、サークルKサンクスでもお買い求めいただけます。
◇名古屋能楽堂【052-231-0088】
◇愛知芸術文化センタープレイガイド【052-972-0430】

◆お問い合わせ/080-4229-4424(ハポン劇場project)

ナツミ

2010/10/30(土)「僕らの味くらべとタテタカコのライブ」

更新日:2010年10月31日|書いた人:小川哲郎大沢夏海

3年前の「僕らの味くらべ」に続く、料理対決企画、第2弾。
無事終了しました。

今回は、タテタカコさんのマネージャー村松さんの餃子と勝負。
結果は、んー19対8で完敗だった。
でも、楽しかった!今日のベストを尽くせたので、悔いは無い気もするけど、
でもやっぱり悔しい。
村松さんの餃子、美味しかったです。

振り返ってみると、とてもドラマチックだったように思います。
みんなの食べてる時の反応がかなり近くて、小声でもわかるし、
なんだか、こう、気持ちの行き来する感じが凄くよかった!

そして、タテさんのライブ、良かったです。
タテさんは食に対する気持ちが強そうなので、
きっと、楽しんでくれてたんじゃないかと思うのですが、
特に、なんと言うか満腹感・幸福感みたいな雰囲気がと餃子の匂いが漂う、
特別なライブだったように思います。

罰ゲームは、タテさんの伴奏で「今日を歩く」を歌わせてもらいました。

次こそは。

ー哲郎ー

2010/10/29(金)名もなきオープンマイク 名なしのゼロ

更新日:2010年10月30日|書いた人:小川哲郎大沢夏海

月1回行なわれている、オープンマイクイベント「名なしの0」。
今日は主宰のGOKUさんはお休みで、かわりに植草さんが進行をしておりました。
お馴染みのメンバーに加え、今日は、ネオンに打ち合わせにきた人達もいたり、
なにやら賑わっていました。

毎回、田原さんが「これかけてー」と言ってCDをもってきてくれます。
今日は吉田美奈子でした。
初めて聴いたけど、結構良かった。

各人の朗読が終わった後、
イベントの最後に、急遽の企画「○○で読んでみよう」をやりました。
「なるべく大きな声で読んでみよう」とか、読み方の指示が書かれた紙をひいて、
適当に選んだ詩を読んでみる、ということをしました。
指示に書かれている、「なるべく」という下りが大事だと思いました。

はじめて来てくれた人も参加していて、いい感じの達成感につつまれてイベントは終了しました。

あと、いろんなイベントの告知をしたんですが、
この週末も11月もイベント目白押しです。

明日は、
僕らの味くらべとタテタカコのライブ

明後日は、
ジ・オーパーツ企画ライブイベント「オーパーツ・ワン

きっと2日とも面白い、お薦めです。
是非、足を運んで下さいー!

ー哲郎ー
--------------------


チョコレートタウンオーケストラの新しいマキビシシングルが
できたのですよ。ふふふ。

500円で2曲しか入ってませんが
かわいいでしょ?


最近少しずつ
ぐるぐる考えていたことが
言葉として認識できるようになってきているようで
その大発見を、うちやまや哲郎相手に切々と話しては
ひとり、満足しています。


今日、めずらしく哲郎が車道側を歩いていたので
めずらしく歩道側にいた私は、うんこをふみました。

哲郎は「俺がふむはずだったのに・・・」
と言って落ち込んでいました。

なんてアホでいい人なんだ、と内心おもいながら
あんまりにもゆかいな状況に
「そうだね・・・」と言ってしまいました。

以上。

ナツミ

2010/10/26(火)こがらし宅配便

更新日:2010年10月26日|書いた人:大沢夏海

さぶいーん
寒いの苦手です。
今年の夏は暑かったけど
ずっと暑くていいって思ってた。(たぶん言ってた。)

はやいとこ冬の楽しみを見つけよう。

今日はマゼコゼの夕ご飯にまぜてもらった。
あったかいご飯とひじきが絶妙においしかった。

いいな、このかんじ。
ひとんちの夕飯。
冬の夕暮れ。
近所のともだち。

いつもでも子どもの頃みたいにいられないんだけど
ちょっと甘えてみたり
むかえる側になるのをゆめみたり

あしたは灯油を買いに行かなきゃ。

ナツミ

2010/10/22(金)-23(土)帰郷

更新日:2010年10月22日|書いた人:大沢夏海

東京にプチツアーしてきました。
チョコレートタウンオーケストラ(欠席2名・・・!)。

普段の日常仕事(たいしたことしてないのにね)を離れる不安がMAXになって
もう無理だって、振り切ったところで出発。

1日目は国立地球屋

2日目は小岩のbushbash(ブッシュバッシュ)


私の育った街の
とてもすてきなお店で
東京で頑張ってる友達に
今の自分をみてもらって
もうそれだけで凄くうれしかった。

うまくかけないけど
それはもうたーくさん泣いたり笑ったりしながら
一緒にやってきた仲間だから、(バレーボール部だったのです・・・)
その過去に負けたくなかったり
そもそも勝ち負けじゃないけど
いま自分がやっていることや
新しい仲間を認めてもらいたかったり
でもぜったい受け入れてもらえるのもわかってたから
会った瞬間うれしくて
そんなのを全部ひっくるめて
かなわないなー、と思ってうれしかった。(意味不明?)

しかも今回のツアーはオリジナルメンバーが5人中2人もかけている
実験的な構成で挑んでいたので
いつもと違うからわかったことや解放された部分もとても大きくて
いろんないみで
気持ちがわー!ってほどけていくのがわかって
それはなんとも新しい体験でした。

全然状況を書けてなくて
意味わからないと思いますが
とにかくヨカッタ!

って事がちょっとでも伝わったらうれしいです。

ノギオ君、ありがとう!
これからもわしら長野でがんばるぜ。


ナツミ

全て見る/  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 /  30 /  31 /  32 /  33 /  34 /  35 /  36 /  37 /  38 /  39 /  40 /  41 /  42 /  43 /  44 /  45 /  46 /  47 /  48 /  49 /  50 /  51 /  52 /  53 /  54 /  55 /  56 /  57 /  58 /  59 /  60 /  61 /  62 /  63 /  64 /  65 /  66 /  67 /  68 /  69 /  70 /  71 /  72 /  73 /  74 /  75 /  76 /  77 /  78 /  79 /  80 /  81 /  82 /  83 /  84 /  85 /  86 /  87 /  88 /  89 /  90 /  91 /  92 /  93 /  94 /  95 /  96 /  97 /  98 /  99 /  100 /  101 /  102 /  103 /  104 /  105 /  106 /  107 /  108 /  109 /  110 /  111 /  112 /  113 /  114 /  115 /  116 /  117 /  118 /  119 /  120 / 121/  122 /  123 /  124 /  125 /  126 /  127 /  128 /  129 /  130 /  131 /  132 /  133 /  134 /  135 /  136 /  137 /  138 /  139 /  140 /  141 /  142 /  143 /  144 /  145 /  146 /  147 /  148 /  149 /  150 /  151 /  152 /  153 /  154 /  155 /  156 /  157 /  158 /  159 /  160 /  161 /  162 /  163 /  164 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る