nepontop11.jpg

Blog rssicon

2016/11/1(火)一週間前

更新日:2016年11月02日|書いた人:大沢夏海

2年前の秋、角居家のベランダで秋刀魚を焼いていたら大きめの地震がきた。
今まで経験したことないくらいぐらんぐらん揺れたので(ベランダだったせいもあるのか)
これで長野が震源じゃなかったら日本が壊れる!全部壊れる!
私たちは今、国の終わりに立ち会っている!人生最後は秋刀魚と七輪かー
とかとか考え、同時に脳内ではテレビで見た映像が鮮明にフラッシュバックして
超こわかった。

2年後、今日、まだ世界も日本もあって
私たちは相変わらず小さなことでくよくよしたり
些細なことでワクワクしたり、している。

その時の地震でナノグラフィカの建物は傾いてしまった(修復済)

「秋刀魚+角居さんち+ベランダ=終末妄想」をチラチラ思い出しながら
今年、リベンジ秋刀魚。
今年はネオンスタッフの三代さんとカンナさんも一緒だ。

みんな大丈夫だった。よかった。
何しろ秋刀魚が超美味しかった!!
あれこれゆっくりおしゃべりして、気づけば深夜。
楽しかった。

以上!

秋刀魚

大沢夏海さん(@n_umi)が投稿した写真 -

20161031 オーパーツ今年も銀嶺祭に出演

更新日:2016年10月31日|書いた人:大沢夏海

大学を卒業してもう何年も経ちますが、
懲りずに(というかドラマーがまだ現役だった!!)
母校の学校祭に呼んでもらいました。

ビートルズ研Q会のステージ。
今年はボブディランがどうした…とかいうタイトルのステージで、
もうビートルズじゃないじゃん…と心の中でツッコミつつ
(いつからか『イエローサブマリン撃沈ライブ』など悪ノリ全開のタイトルをつけて、「…ふふふ」とする伝統がある)
超シンプルな機材でなかなか楽しく演奏してきました。

そんなビートルズ研Q会は来年30周年を迎えるとか…いや、もっと長いだろ、とか。。
知りうる限りの先輩をみんな集めて、ステージにあげたいですね。
今年は客席に2003年頃のビー研部長まーしを見つけて
相変わらずの佇まいに、思わず「枯れ枝や!即身仏や!」と
歌いそうになりました。

銀嶺祭

大沢夏海さん(@n_umi)が投稿した写真 -

写真は、グリーンパル

夏海

2016/10/18(火)

更新日:2016年10月18日|書いた人:大沢夏海

久しぶりの更新…。
『紙風船と動員挿話と…』の公演以降、りんご音楽祭だったり上田の海野町商店街にできた劇場「犀の角」のオープン準備したり、結婚式場でスロウライ演奏したり、オーパーツのライブぼちぼちしたり、生島足島神社で仕事したり、「犀の角」で演劇祭の手伝いしたり、鳥取の鳥の劇場に弾丸で行ったり、長野市芸術館で仕込みの手伝いしたり、ネオンでハンバートハンバートの2デイズコンサートがあったり(柴さんが来てくれたよ!私ちゃんと会えなかったけど…)と、ほとんど机の前にいなかった1ヶ月でした。現場は楽しいですね。
5年くらい使ったiPhoneがついに壊れ(中身が膨張して画面が浮いた…)買い替えと同時に契約を変えたりしてみたりもしました。
ネオンはネオンでいろいろバタバタしていますが、なんとか楽しくやりたいですね。
とりあえず明日は松本でオーパーツライブです。
バンドもナマモノ、ということで、、見に来てくれると嬉しいな。
そんなわけで明後日から机仕事を頑張ります。

夏海

夜のギター教室始めます

更新日:2016年09月21日|書いた人:大沢夏海

月末にネオンで宮澤さん(大人のリゾート鉄道)のギター教室(音楽理論編)を開催します!
ギターの弾き方というより、音楽の歴史とかルールとか。
参加したら音楽がもっと面白くなる!そして何より曲作りに役立つと思いますー。
ギター弾けない人、特に弾く予定もない人(!!?)も
「そもそも音楽ってなんだ?」って人はきっと面白いと思うので是非。
9月29にち 20時〜


■講師=宮澤眞.氏(大人のリゾート鉄道)

●長野在住のギタリストで「大人のリゾート鉄道」の作家/作曲家 宮澤眞.氏の音楽理論中心のギター講座です。バンド・音楽になんとなく不自由さを感じている方、作曲、音楽理論に興味がある方は是非。ギターを全く弾けない方も受講可能です。講座の最後はミニライブ、個人相談コーナーもあります。

■料金=1回1000円(ドリンク別)
■時間=20:00~21:30
■持ち物=ギター類の楽器(6弦が望ましい)、筆記用具

#6 稽古場日誌 本稽古8日目

更新日:2016年09月06日|書いた人:大沢夏海

http://neonhallengeki.tumblr.com/post/149987851159/6-稽古場日誌-本稽古8日目

全て見る/  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 / 13/  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 /  30 /  31 /  32 /  33 /  34 /  35 /  36 /  37 /  38 /  39 /  40 /  41 /  42 /  43 /  44 /  45 /  46 /  47 /  48 /  49 /  50 /  51 /  52 /  53 /  54 /  55 /  56 /  57 /  58 /  59 /  60 /  61 /  62 /  63 /  64 /  65 /  66 /  67 /  68 /  69 /  70 /  71 /  72 /  73 /  74 /  75 /  76 /  77 /  78 /  79 /  80 /  81 /  82 /  83 /  84 /  85 /  86 /  87 /  88 /  89 /  90 /  91 /  92 /  93 /  94 /  95 /  96 /  97 /  98 /  99 /  100 /  101 /  102 /  103 /  104 /  105 /  106 /  107 /  108 /  109 /  110 /  111 /  112 /  113 /  114 /  115 /  116 /  117 /  118 /  119 /  120 /  121 /  122 /  123 /  124 /  125 /  126 /  127 /  128 /  129 /  130 /  131 /  132 /  133 /  134 /  135 /  136 /  137 /  138 /  139 /  140 /  141 /  142 /  143 /  144 /  145 /  146 /  147 /  148 /  149 /  150 /  151 /  152 /  153 /  154 /  155 /  156 /  157 /  158 /  159 /  160 /  161 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る