nepontop11.jpg

Blog rssicon

2010/7/3 風と音の関係について。スパネオン2010夏・風博士

更新日:2010年07月03日|書いた人:大沢夏海

ここ数年、私のなかでは
前田さんのふうりんと
風博士こと、杉さんの長野滞在
というのが夏の定番というか、欠かせない夏の楽しみになっています。

そろそろ、あの人達が来る季節だ。
みたいな感じ。

風博士はネオンホールではおなじみですが
京都で音楽活動していたと思ったら
ある日京都にグッバイをして
ギターをもって旅に出た(!)、という人です。

全国をライブしながらまわって約2年。住所不定歴も約2年。
各地に風博士ネットを広げながら
今回も新しいアルバムと共に長野に帰ってきます。

いつまでも聞いていたい
いつのまにか自分のなかに沁み渡っている
そんなうたです。
いろんなひとに聞いて欲しいです。

そう言えば私の密かにあたためている企画の一つに
長野電鉄(松代とかにいくやつ)の車内で風博士のライブを聴く
っていうのがあるのですが
杉さんのブログを観たらどこかの路線で実現させているらしく
うらやましく思ったのでした。


-----------
13:30 ネオン掃除
15:00 会場作り
16:00 準備
19:00 outside yoshino(eastern youth)、タテタカコ ライブ
23:00 みんなでご飯
01:00 解散


(ナツミ)

2010/7/2 スーパーネオン2010夏・へきれき

更新日:2010年07月02日|書いた人:大沢夏海

勝手ながらしばらくスーパーネオンの話題を更新し続けます!
第一弾はへきれき

去年の12月、カミナリグモとのスプリットツアー「ゴロゴロツーリスト」でネオンホールに来てくれたへきれき。
実はその夜に、今回のスーパーネオン出演を約束してくれました。

松本に比べると長野まで来ることが少ないへきれきですが
ネオンのこととかスーパーネオンのことを気にしていてくれたのが
実はうれしかった。

それから半年。
どんどんポップに活動を続けているへきれきが
約束通りスーパーネオンに来てくれます。

上の動画を見てもらえばわかると思うけど

もっくんのバンド愛にあふれたドラムと
小沼さんのかわいらしいうたとベースにのって届く、
超キャッチーな、一度聞いただけで鼻唄歌えちゃううたが
とても心地いいバンドです。

個人的にボーカルのオダケさんのキャラにも慣れてきたので
当日会うのが楽しみなのです。

--------

前田さんの風鈴。
雨にもマケズ、風に音をのせています。
短冊の演出は団地堂。

手抜き日報
〜18:00 3種チラシコピー&裁断、他
18:00 事務仕事
     明日の予約データ作成
     年間予定表作成
     7月スタッフ調整
     第4回短編劇場企画
     第4回短編劇場募集チラシ制作-1
     頼まれ紙モノ制作
     スーパーネオン企画

23:30 チョコ練習
02:30 事務仕事続き

(ナツミ)

2010/7/1 準備と後片付けとワイドショー

更新日:2010年07月01日|書いた人:大沢夏海

毎日毎日の始まりが「後片付け」っていうのは
精神衛生的によろしくない。

鬱々として「テレビでも聞きながら片付けるか」
と思ってテレビを付けたら
悲しいはずのニュースを嬉々として報道しているのをみて
どうしようもなく失敗した状況に気がつきました。
明日からは気をつけよう。

今日はとにかく郵送するためにチラシの原版を作りまくりました。
現在、もはや誰にも確認してもらえないので、爆走(独走?!)です。

明日明後日に納品予定のチラシのできあがりが
いつもの事ながら心配でしょうがない。

心配しても、もうしょうがないけど。


20100714illust.jpg

似てないとうわさ(例によって私しかみてない)の杉さんの似顔絵。

ひとりでみんなのことをやっていると
心静かにしているのはなかなかむずかしい。

でっかい絵とかかきたいな。
暗室に閉じこもったりもしたいな。

----------
13:00 出動
13:30 ナノでふうりん購入
13:30 掃除・後片付け
14:30 やること整理・企画
16:00 買い物
17:00 エレファント公演・いいだごう展示・クラムボン試聴会のチラシ制作
23:00 webに反映
00:00 ブログ更新(昨日の分も)

(ナツミ)

2010/6/30 前田一郎ガラスと40才になった女子。

更新日:2010年06月30日|書いた人:大沢夏海

前田さんのガラス
年を追うごとに自分の撮る写真が
渋くなっている気がする。

満員の市民会館で味わったものは、思った以上に後ひくもので
今日もその話をよくしました。

ただしそれは、きいてくれる人によって内容が違うらしく
「満員の市民会館なんてスゴイね!すばらしい企画だね!」
だったり
「日本代表、惜しかったね、感動したね」
だったりしたのでした。


そして今日は密かにずっと楽しみにしていた
前田一郎(ガラス作家)のナノグラフィカ展示、オープニングパーティー!
やっぱり夜遅くの参加になってしまって
ほとんどみんな帰った後に到着し、かつご飯を分けてもらいました。
おいしかった!

“わいわい”の時間は過ぎ、
話したい人と話したいことを
いま聞くべき事を静かにゆっくり聞けた気がしました。

ほんとに誰もいなくなってから
珠さんがのそりと降りてきたので
40才の誕生日を祝うとともに、
深夜のぼそぼそトークを1時間くらいして帰りました。

いろんな人とはまだ気が引けてしまうけど
じぶんで考えて考えて(勝手に)解決していくのではなく
人とまじめに話したり聞いたりすることでしか
進めないこともたぁ〜くさんあるんだよね
とあらためて感じた(自覚した)夜でした。

今年は前田風鈴を買おう。


誕生日おめでとうの、たまみ。(へんな写真!)
後ろの毛布みの虫は前田一郎氏。


---------

13:00 出動・掃除
14:00 スーパーネオン/風博士ライブチラシ作り 
16:00 コピー/買い物/ナノに寄り道
19:00 頼まれ招待状つくり
23:30 ナノへ前田一郎パーティー
02:00 お開き
03:30 帰宅


(ナツミ)


2010/6/29 市民会館と日本と階段ギャラリー

更新日:2010年06月30日|書いた人:大沢夏海

今回のワールドカップが始まって初めて試合を観ました。
負けちゃったね。

長野市の市民会館が取り壊されてしまう計画があるので
取り壊される前に一度はいってみようと思っていたのだけど
ワールドカップのパブリックビューイングをやっているということで
そっちの興味にまかせて(サッカー観たことない)いってみました。

初めのうちはへぇ〜というかんじで
予想以上の人の多さにうんざりしていたのだけど
(わざわざ人の多いところを選んでいったのにね。)
最終的には手に汗握って祈ってみんなと一緒に一喜一憂していました。

これだけの人の期待を背負う人達は
地球の裏側にいて
こっち側の私達とはきっと何もかもが違うんだけど
にわかに一つの国民として同じ思いを抱いている
っていうのがおもしろいなあと思いました。
国民っていうのをこんなに意識するのってなかなか無いような気がする。
スポーツって勝ち負けがあるから
一生懸命にもなるし、わかりやすいのかもしれない。
サッカーについてほとんど何にもしらない私でも熱くなれるくらいに。

汗だくだし、なぜか首が凄く痛い。

みんなでどきどきしたり喜んだりするのは
とてもとても楽しかった。


---------
13:00 出動・掃除
14:00 スーパーネオン/風博士ライブチラシ作り 
17:00 いいだごう階段ギャラリー搬入
22:00 ひぐちあい登場
22:22 2つとも入稿
23:00 市民会館で1800人?とサッカー応援
02:30 ブログ更新

(ナツミ)

全て見る/  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 /  30 /  31 /  32 /  33 /  34 /  35 /  36 /  37 /  38 /  39 /  40 /  41 /  42 /  43 /  44 /  45 /  46 /  47 /  48 /  49 /  50 /  51 /  52 /  53 /  54 /  55 /  56 /  57 /  58 /  59 /  60 /  61 /  62 /  63 /  64 /  65 /  66 /  67 /  68 /  69 /  70 /  71 /  72 /  73 /  74 /  75 /  76 /  77 /  78 /  79 /  80 /  81 /  82 /  83 /  84 /  85 /  86 /  87 /  88 /  89 /  90 /  91 /  92 /  93 /  94 /  95 /  96 /  97 /  98 /  99 /  100 /  101 /  102 /  103 /  104 /  105 /  106 /  107 /  108 /  109 /  110 /  111 /  112 /  113 /  114 /  115 /  116 /  117 /  118 /  119 /  120 /  121 /  122 /  123 /  124 /  125 /  126 /  127 /  128 /  129 / 130/  131 /  132 /  133 /  134 /  135 /  136 /  137 /  138 /  139 /  140 /  141 /  142 /  143 /  144 /  145 /  146 /  147 /  148 /  149 /  150 /  151 /  152 /  153 /  154 /  155 /  156 /  157 /  158 /  159 /  160 /  161 /  162 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る