nepontop11.jpg

Blog rssicon

-29

更新日:2008年02月28日|書いた人:大沢夏海

-29.jpg

今日のネオンは鈴木君の演劇探検隊。
青年団プロデュース公演をテレビ公開したときの映像を観た。

「夏の砂の上」という作品
台本はまつださんという人が書いて平田オリザが演出をしているそうです。

ずっと普通の状態で、
悲しくなったり笑ったりしながら観ていたのだけど
最後の最後のちょっとした場面、
あまり台詞もなくて、動きもあまりない場面、
そこで衝撃波みたいなのがきて(勝手に受け取って?)
突然、言葉にできない感情がうわーってなって
しばらく平常心を取り戻せなかった。

アタマで理解する前に身体が反応したというか
いまはよくわからないけど
“音楽聞いて、アタマで理解するより早く、知らない間に泣いている”
って言う状態に近いのかも、と考えている。




natsumi

-28

更新日:2008年02月25日|書いた人:大沢夏海

-28.jpg



2/9と2/16の朝、近くの河原に写真展用の写真を撮りに行った。


二回目の撮影の時
白い雪におおわれた
ちいさな王国に出会った

この王国は近所に住んでいる
おじさんが管理しているらしく
区分けされていて
ところどころにオブジェのようなものもある

不法侵入ということになって
国際裁判にかけられないだろうか
なんて思ったのは
星新一の「マイ国家」を読んだからだろう



natsumi


-27

更新日:2008年02月24日|書いた人:大沢夏海

-25.jpg

夜の写真部の写真展が始まりました。

natsumi

-26

更新日:2008年02月13日|書いた人:大沢夏海

mo.jpg


さいきん頭の中でぐるぐる考えがまわるっきりで
なかなか作業がはかどらない

スタジオジブリの小冊子「熱風」がおもしろい

「熱風」2007.10号<身体とメディア>
平田オリザのコラムより メモ

「芸術の仕事は無いものをあるように見せる奇術ではない。芸術の本当の役割は日常では、経済生活や社会生活を平穏に送るために見過ごされている、あるいは見て見ないふりをされている人間精神の深淵に、形や色を与えて、人々の眼前に提示することにある・・・(中略)
世間が、経済生活や社会生活や利便性のために、文字通り丸く収めようとして作りあげる常識に異を唱え、新しい世界観を提示すること。芸術の本質はここにある。芸術による身体性の回復とは、すなわち私たちの身体が感じとっているはずの何ものかを、再び取り戻すということだろう・・・」

ロック?

natsumi

-25

更新日:2008年01月16日|書いた人:大沢夏海

8.jpg

1/15(火)
12時〜15時:画像処理、パソコン
15時〜16時半:用事でナノに行くが、果たせず、太郎と遊ぶ
17時〜17時半:自宅でお風呂入ったりする
17時半〜午前1時:野沢温泉の道祖神祭り
2時〜5時半:画像処理、レポート作り

仕事が遅くて自分がいやになる。
明日から昼ナノの店番で夜はネオン営業なのに、今日も戸を作れなかった。
今週中になんとかあと4枚つくらねば・・・。


natsumi

全て見る/  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 /  30 /  31 /  32 /  33 /  34 /  35 /  36 /  37 /  38 /  39 /  40 /  41 /  42 /  43 /  44 /  45 /  46 /  47 /  48 /  49 /  50 /  51 /  52 /  53 /  54 /  55 /  56 /  57 /  58 /  59 /  60 /  61 /  62 /  63 /  64 /  65 /  66 /  67 /  68 /  69 /  70 /  71 /  72 /  73 /  74 /  75 /  76 /  77 /  78 /  79 /  80 /  81 /  82 /  83 /  84 /  85 /  86 /  87 /  88 /  89 /  90 /  91 /  92 /  93 /  94 /  95 /  96 /  97 /  98 /  99 /  100 /  101 /  102 /  103 /  104 /  105 /  106 /  107 /  108 /  109 /  110 /  111 /  112 /  113 /  114 /  115 /  116 /  117 /  118 /  119 /  120 /  121 /  122 /  123 /  124 /  125 /  126 /  127 /  128 /  129 /  130 /  131 /  132 /  133 /  134 /  135 /  136 /  137 /  138 /  139 /  140 /  141 /  142 /  143 /  144 /  145 /  146 /  147 /  148 /  149 /  150 /  151 /  152 /  153 /  154 / 155/  156 /  157 /  158 /  159 /  160 /  161 /  162 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る