nepontop11.jpg

Blog rssicon

2016/02/17(水)誰なんだ

更新日:2016年02月18日|書いた人:大沢夏海

道を歩いていたら、かっこいい枝が折れて落ちていたので
持って帰ってきた。
多分3日後くらいに、満足して捨てるんだと思う。

パソコンとにらめっこのJBNからネオンに戻ると
前田さんという市役所の人とたまさんが
3月のまちあるきの打ち合わせをしていた。

今回たまさんが関わっているまちあるきには
市役所の人が案内人として登場する。
不慣れであろう市役所の人が持ってくるチラシのコース説明の文章や、
コースの内容に、オーガナイザー?たまさんのツッコミがバシバシ入る。

結果、かなりコアでマニアックなコースになるわけだけど

前田さん「こんなので、いいんですかねぇ…」
たまさん「いいんです!」
前田さん「面白いんですかねえ…」
たまさん「自分のことだからわからないかもしれないけど、これがおもしろいんです!」

となかなかピンときていない様子。
実際、はたから見てると面白い。

何が、っていうと、
市役所で働いている人が全員かわからないけど
前田さんはまちのある部分に関して
知識も実例も経験もある専門家だってことが面白いのかなと。

専門家の視点は私たちは普段気にも止めない何かを捉えていて
その何かは私は気がつかないだけで、確かに存在しているってこと。
視点を持っていないことで見えないことやものも、たくさんある。
実際損したり得したりする。
でも、それ以上に視野が広がったり、
知る、って単純にワクワクする。って話。

ちょっと飛躍してるかもしれない…
気になる?コースの内容は
そのうちおしらせします。笑(ただいまチラシ作成中)

夜は次の演劇企画のことでメールを打ったり、
The Endチラシを作ったりした。
知らない街のそこそこいろんなCDに紛れて売られているのを
想像して作っていたら、そもそもThe Endって誰?
だよねって気分になってきた。
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202016-02-18%200.37.15.png
(使うかわからないけど)

清水さんたちがつなげてきた縁がまわりまわって、
いろんなタイミングがちょうどあって、
3枚組のCDを作っちゃって、なんというか
なんでこんなことになってるんだ、
ネオンホールすごいな、っていう気持ち。
(技術的なことでは全くなく…)

たまに、こんな感じで他人事のようにネオンホールのことを考えたりする。

ネオンには方針とか目標とか社訓もないし、社長や上司もいない。
ただ、ネオンホールを監視し続ける神様みたいなのがいて(見えないけど)
「それはなんか違う」とか「今やっとけ」とか言うのです(聞こえないけど)
(こんなこと公表するの初めてだ。)

とにかく私はそんな感じでネオンの色々をやってる。
みんなもネオンのことで迷ったりしたら
ネオンさんに聞くのがいいと思う。
(見えないけど)

あ、
神様が「今日はお開きにせよ。」
と言っている。

ということで
おやすみなさい。

2/18 0:58
夏海

2016/02/16(火)寝てる時以外眠い

更新日:2016年02月16日|書いた人:大沢夏海

IMG_4011.jpg


今日も朝からJBNへ出社。
Web制作の会社だけど、私はパンフレットを作っている。

今年はチョコレートをたくさん食べた。
ちょうど公演とバレンタインが重なって
芝居の差し入れもチョコがたくさん。
今日会社でもおこぼれをもらったので、
これでもう半年くらい分のチョコを食べたとおもう。

15時半、ぱてぃお大門内の「クラクサ」で
久恵さんと2人ネオンレコードミーティング。
The End再発売チラシの内容などを確認。

後半は「忠臣蔵」公演についての雑談になった。
口に出して言ってみたり、文章にしたり、、
些細なことでもアウトプットすると
それは自分だけのものではなくなっていく。
自分から出てパタパタと空中へかく拌されていく何かを
ちょっと離れたところからぼんやり見る。
そんな風に考えていることや気持ちを、
文章や言葉にしてみるってことは大事なことだ。
(それが誰にも伝わることがなくても)
情報を共有するという意味で集団にとっても重要だけど
それ以前に自分自身の立ち位置を確認したり、
考えを整理するために必要なことだよね。

っていうようなことを話しつつ、18時。

ネオンに戻ると前川エクスプロージョンが
レコーディングの準備をしている。
事務所でメールなどの対応をしているとたまさんから電話。
講演をしに東京に来ているがついでに演劇見ていきたいので調べて欲しい、と。
今日に限って(?)公演入れ替えの劇場が多い。
野田マップと下北沢演劇祭の情報をメールで送る。
ついでに観に行きたいと思っていた公演情報を見つけたのでついでに観に行く予定を立てた。
昨日ならスイッチ総研してたのにね。

今、今週末のモカイコZさんの公演@ネオンのチケットが完売した、との連絡が入った。
前川エクスプロージョンは相変わらずレコーディングをしている。


昨日も家に帰りそびれたので
今日は早めにボールを手放してさっさと帰ろうと思う。

2/16 20:50
夏海

2016/02/15(月)締め切り

更新日:2016年02月16日|書いた人:大沢夏海

公演が終わって、早速締め切り地獄

(もうすぐじゃん!)

ジエンドの全国流通盤の印刷物も、もろもろ間に合って(?)
なんとかなんとか。

歯医者も今日で終わりました。
わーい。

床で目覚めた深夜4時。
今日は寒い。

夏海

2016/02/14(日)タタカッテコソブシ

更新日:2016年02月15日|書いた人:大沢夏海

忠臣蔵無事終演!!
ありがとうございました!!
20160214-01.jpg
(飛び出す絵本的な雰囲気で)

ひとつぼ演劇とはつまりこういうことでした
20160214-05.jpg

カーテンコールもぎゅうぎゅう
20160214-02.jpg

りえさん、これは…
20160214-03.jpg


ネオンホールは通常に戻る…と見せかけて
今週末も演劇公演です。
もはやライブもできる小劇場、な、2月のネオンホール。

20160214-04.jpg
大石さん(役名)のおかえり

演出家で演劇ワークショップのプロ・なおこさんの観察眼と
個性を生かしつつ集団をまとめ上げていく能力炸裂で
想像以上にドラマチックに笑いあり涙あり、
でも基本的に最初から最後まで笑顔弾ける座組でした。


個人的には普段の仕事もやりながら
っていうところのチャレンジだったのですが、達成度は…うーん。。
なかなかあっちもこっちもになってしまって難しかったです。
頑張る。

夏海

2016/02/08(月)レコーディング

更新日:2016年02月09日|書いた人:大沢夏海

月曜日。
JBNの仕事は基本的にデザイン作業が多いのだけど、たまに思ってもみないこと頼まれたりする。
今日は朗読のレコーディングの仕事。私が!滑舌の悪い私が!朗読。音読する自分の声を聞いてるとどんどん眠たくなる危険。
ということで朝からYMサウンドで、昨日velocity quartersでドラムを叩いてた阿部さん(JBNの社員)とレコーディング。口内炎が治っててよかった。そして無事完了。録音した音源は今は恥ずかしくて聞けない。阿部さんを全面的に信頼してオッケーだしてもらう。無事形になって世に出たら聞いてみます。あー緊張した。噛まずに間違えないで読むのって難しいんですよ。想像以上に。

15時半、ネオンで客席組む微調整に立ち会う。
今回は4面全部客席です。

私もお客さんでこの劇観たいです。

17時、ナノグラフィカで打ち合わせ。
スタート準備の顔合わせといった会にクッション役?通訳役?といして呼ばれ、参加。
うーん、形にできたらすごく楽しくなりそう。

19時10分、ネオンに戻ってThe End印刷物修正作業と、忠臣蔵稽古。
最終稿を修正し終わって送信し、稽古に参加してたら、原稿が校正されて戻って来た!23時。

その時はそんなこともつゆ知らず、なおこさんと夕飯食べながら善光寺と市民性の話など。
なおこさんとゆっくりお話しできたのは今回が初めてだけど、若干ぶっちゃけ話などもしつつ、このタイミングで距離感を確かめられてよかった。というか、話が面白かったー。

机に戻りメールを開くと、修正指示が。。

ってことで眠いです。
明日も朝から働きます。

2016.2.9 4:48
夏海

全て見る/  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 / 21/  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 /  30 /  31 /  32 /  33 /  34 /  35 /  36 /  37 /  38 /  39 /  40 /  41 /  42 /  43 /  44 /  45 /  46 /  47 /  48 /  49 /  50 /  51 /  52 /  53 /  54 /  55 /  56 /  57 /  58 /  59 /  60 /  61 /  62 /  63 /  64 /  65 /  66 /  67 /  68 /  69 /  70 /  71 /  72 /  73 /  74 /  75 /  76 /  77 /  78 /  79 /  80 /  81 /  82 /  83 /  84 /  85 /  86 /  87 /  88 /  89 /  90 /  91 /  92 /  93 /  94 /  95 /  96 /  97 /  98 /  99 /  100 /  101 /  102 /  103 /  104 /  105 /  106 /  107 /  108 /  109 /  110 /  111 /  112 /  113 /  114 /  115 /  116 /  117 /  118 /  119 /  120 /  121 /  122 /  123 /  124 /  125 /  126 /  127 /  128 /  129 /  130 /  131 /  132 /  133 /  134 /  135 /  136 /  137 /  138 /  139 /  140 /  141 /  142 /  143 /  144 /  145 /  146 /  147 /  148 /  149 /  150 /  151 /  152 /  153 /  154 /  155 /  156 /  157 /  158 /  159 /  160 /  161 /  162 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る