nepontop11.jpg

Blog rssicon

2015/1/13(火) ヤルタ会談稽古

火曜日、本番まであと4日。

今日も、昼間は劇場準備、午後から夜にかけて稽古しました。
今日は、Aチームの写真を少し。


見た目にも面白い!お芝居なので、当日までお楽しみに、、!

仲田さんはじめ、緊張感がありつつも面白いことに貪欲なメンバーの雰囲気がとても心地いいです。

ネオンホールプロデュース 演劇公演 vol.3「ヤルタ会談」キャストインタビュー チャーチル・鈴木大地

更新日:2015年01月13日|書いた人:プロデュース公演2015「ヤルタ会談」

img_daichi-int.jpg

プロデュース公演おなじみのWEBコンテンツ「インタビュー」。
今回はキャスト一人一人と、ずばり『演劇』について、
去年演劇デビューしたネオンスタッフ・若林君がおしゃべりしました。

- - - - - - - - - - - - - - - - 
(Aチーム)チャーチル役・鈴木大地君
- - - - - - - - - - - - - - - - 

 昨年「ハムレット?」(ネオンホールプロデュース公演vol.2)で共演させてもらったとき、勤めていた会社を辞めたとききましたが、今は何してるんですか?

 フリーランスでweb制作の仕事と、SHINKOJIのオフィスにいるデザイナーさんのお手伝いをしています。

 演劇を始めたきっかけは?

 実際初めて面白いって感じたのは、月原やすとも(Bチーム、スターリン役)が昔所属していた、「十三月のエレファント」の作品ですね。それまでピアノしかやって来なかったのですが、生身の表現の迫力や、人が作る空気とかに、単純に面白さを感じていました。

 どうして自分もやってみようと思ったの?

 まさか自分が出るようになるとは思っていなかったんです。学生時代、一年遅れの同級生同士、月原と2人でユニットを組むことになって。。最初はチョイ役という話だったのが、キャストが集まらなかった為、主役級の役になりした。笑。2011年の鈴木林業の公演です。「幸せのど真ん中より」という作品で、ネオンホールでやらせてもらったのですが、唐ゼミの長野公演日と被っていました…。。

 もっと長くやってると思ってました。その後の活動は? 去年は特にとてもたくさん参加されていたように思いますが?

 鈴木林業はしばらくお休みしていました。ガラス組にでたりリーディングやったり。羽布さんの作品に出たりダンスをやったり。邪宗門に参加して、身体表現の面白さと出会ったりしました。

 それが今やっているユニットの、『シシとムー』の大元にあるってことですか?

 大元の大元になっている感じです。それから、昨年は3年ぶりに鈴木林業の公演をやったり、Theeやネオンホール短編劇場、ハムレット?に出たり、色々な所にお呼ばれしました。

 演劇の楽しさって何ですか?

 ずっと一人でピアノをやって来たので、人と合わせるときのフィルターの無さ、一緒に作る空気が上手くハマった時に面白いと思います。

 密な関係性というか、音楽でいう所のグルーブ感というか。

 そうですね。単純に体を動かす事が楽しいというのもあります。

 今まで出演してきた中で、これは上手くいった、という瞬間は? 成功体験というか。心が動く瞬間を共有出来た、ということは?

 舞台上では…まだ無いですね。終わった後のお客さんとの話の中ではありますが。

 まだ無いんですね。それってピアノのステージでは?

 ありますね。。…演劇でいうと、自分の中では凄く納得出来た、というのは昨年の松本演劇祭に出た時にありました。ただ、音響や映像が入り乱れていたので、お客さんの空気とかはよく分からなくて。もうちょっとなのかな、と最近感じています。自分は納得出来るまでに凄い時間がかかるのかな、とも思います。今回もまだ掴めてないですし。

 納得できたときというのは何をしてそうできたの?

 内容を理解して納得したうえで、いっぱい練習した、というのを最後まで出来た、という事だと思っています。どうしてそこまで行けたのかは覚えていないですけど。それは結局、自信っていう事に繋がっていくんだと思います。

 今回の台本はどうですか?

 最初読んだ感じで、日本の世界での立ち位置みたいなものを凄い伝えられる劇だと思いました。そういう事に、気づかないでいいや、と思って暮らしている人が多い気がして。自分もどちらかというとそっちよりなんですが。そういった人達に対して投げかけることが出来る、知るきっかけになる作品だと思いました。まあ、覚えにくかったですが…

 どうして演劇を続ているの?

 認めてもらいってのはありますね。

 満たされてないの?! わりと満たされているように見えるけど。ピアノもあるし。

 でも、誘われなければ絶対やってなかったと思います。最初は恥ずかしかったし。でも一回公演をやりきったら凄いハードルが下がった気がします。

 それはわかる気がします。

 それでハードルが下がったら、表現するツールの一つになって、色々模索したいな、という欲求が出てきました。

 これから演劇をやっていくとして、なにか理想像ってありますか?

 どんな人になりたいってのは全然分からないですけど。演劇を作りたい、というよりは参加したい、という感じです。プレイヤーというか。常にプレイヤー、役者でいたいです。演出とかはやった事が無いんで、出来るかもわからないし。あと、音楽を舞台に、何か新しい形で取り入れられたらな、といつも思っています。

 割と、最初の一歩というか、スタートの所のハードルがものすごく高い人だな、という印象を持ったんですが。

 そうかもしれない。動き出すのが凄い遅いし。今回も演出してもらったこと、技術的な指示とかに対して、理解とか納得するのにちょっと時間がかかってしまって苦労というかちょっと悩んでいます。自分で気持ちを探ったりするのはちょっと苦手です…。今まではわりとそれ含めて指示をもらってたというか。。

ナツミ あ、でもピアノ(の演奏)もさ、楽譜には「だんだん大きく」って、それだけの指示がただかいてあって、で、その通りにやってみて、で、ちゃんとできると、あとからなんか納得できたりするんじゃない? 

 ああ、なるほど。。

(----しばし悩み相談---)

 ちなみにどんなの(演劇)が好き?

 楽しいのが好きです。訳が分からなくても。昨年まつもと市民芸術館でみた「もっと泣いてよフラッパー」は面白かったです。楽隊とかが一杯いて、ミュージカル調で。3時間なのに全然長く感じませんでした。単純に楽しかったです。

 最後に、僕(去年演劇デビュー)に何か一言、演劇の希望みたいなものを語って下さい。

 演劇やって凄い良かったのは、姿勢が良くなったのと、無駄にちょこちょこ動かなったことです。最初に凄く指摘されて直しました。ちょっと自信が出るというか、堂々と出来るようになります。

 演劇の効能って感じですね。もともと出来てそうなイメージがあったんだけど。姿勢悪いってイメージが無かったです。

 姿勢が良くなると、見え方も違ってくるし。希望というとぱっと出て来ないけど。

 じゃあ、僕を誘い込むようななにかがあれば。笑

 若手の男優人口が極端に少ないので、演劇やっているというだけで引っ張りだこ。モテる気分を味わえます。どこからでもチヤホヤされますし、かわいい女の子が沢山います。

 ちょっとやる気でてきました!

インタビュー 若林優也
編集 若林優也、ナツミ

2015/1/12(火祝) ヤルタ会談稽古

今日は、祝日だったんですね。善光寺や中央通は人通りが多かったです。
ネオンの最寄り神社、田面稲荷ではどんど焼きをしてました。
しめ縄焼いてもらいました。

今日は昼前から、劇場の準備をしました。
舞台美術や、セット、客席がだんだん作られつつあります。

午後は、2チームの稽古。
昨日の合同通し稽古を受けて、キャストのみんなの意識が変わったのを感じました。
演出もより細かく、指示が入っていきます。
役者のやり取りの中に見所がどんどん増していきます。

稽古後、仲田さんは自ら衣装作り。
ラストスパート、です!



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ネオンホールプロデュース演劇公演vol.3
「ヤルタ会談」
作:平田オリザ
演出:仲田恭子(アートひかり)

このへんてこな会談は《愛》なのかも、しれない。

「ヤルタ会談」は、第2次世界大戦終戦間際、米・英・ソ首脳によって行われた世界史上最大の秘密会談を平田オリザ氏が辛辣なブラックユーモアを盛り込んでパロディ化した作品。もともと落語のために書き下ろしたものを、後に劇場版として戯曲化しています。今回は、ダブルキャストによる、趣の異なる二つの「ヤルタ会談」を2本続けてご覧頂きます。
会談A(そっちチーム) 下垣浩×ムラタヒロミ×鈴木大地
会談B(あっちチーム) 中沢清×増澤たまみ×月原康智

- - - - - - - - - - - - - - - - 

2015年1月17日[土]-18日[日]

時間
17日[土] 14時〜 会談A→ 会談B 19時〜 会談B→ 会談A
18日[日] 13時〜 会談B→ 会談A 18時〜 会談A→ 会談B

会場
ネオンホール長野市権堂町2344・2階 ☎ 026-237-2719

料金
一般前売り¥2000 学生¥1000 (一般当日券¥2500)
*日時指定・全席自由。
*整理番号はありません。入場は先着順です。
*学生券は当日受付で学生証をご提示ください。
*開場は開演の30分前、精算受付は開演の60分前に開始します。
*共に1ドリンク付き 小学生以下無料(要保護者同伴)

- - - - - - - - - - - - - - - - 

チケット予約・お問い合わせ
1. ネオンホールメール info@neonhall.com
【1.公演名】【2.日程】【3.時間】【4.名前】【5.枚数】【6.電話番号】を明記して送信してください。

2. ナノグラフィカ電話 ☎026-232-1532(12時〜18時)

プレイガイド
ネオンホール / ナノグラフィカ / 和光照明 / 雑貨クラクサ / ガレリア表参道

- - - - - - - - - - - - - - - - 
総合プロデュース:増澤珠美(ナノグラフィカ)
主催・企画・制作:ネオンホール
宣伝美術・演出助手:大沢夏海

ヤルタ会談の特設WEBページできましたー

更新日:2015年01月08日|書いた人:プロデュース公演2015「ヤルタ会談」

http://www.neonhall.com/yalta2015/index.html

今日も元気に?!稽古してます。

ナツミ

ヤルタ会談稽古1月4日

更新日:2015年01月06日|書いた人:プロデュース公演2015「ヤルタ会談」

正月早々、稽古がはじまりました。
いよいよ演出が本格始動。

『このへんてこな会談は《愛》なのかも、しれない。』
かもしれない…。

ネオンホールプロデュース演劇公演vol.3
「ヤルタ会談」
作:平田オリザ
演出:仲田恭子(アートひかり)

このへんてこな会談は《愛》なのかも、しれない。

「ヤルタ会談」は、第2次世界大戦終戦間際、米・英・ソ首脳によって行われた世界史上最大の秘密会談を平田オリザ氏が辛辣なブラックユーモアを盛り込んでパロディ化した作品。もともと落語のために書き下ろしたものを、後に劇場版として戯曲化しています。今回は、ダブルキャストによる、趣の異なる二つの「ヤルタ会談」を2本続けてご覧頂きます。
会談A(そっちチーム) 下垣浩×ムラタヒロミ×鈴木大地
会談B(あっちチーム) 中沢清×増澤たまみ×月原康智

- - - - - - - - - - - - - - - - 

2015年1月17日[土]-18日[日]

時間
17日[土] 14時〜 会談A→ 会談B 19時〜 会談B→ 会談A
18日[日] 13時〜 会談B→ 会談A 18時〜 会談A→ 会談B

会場
ネオンホール長野市権堂町2344・2階 ☎ 026-237-2719

料金
一般前売り¥2000 学生¥1000 (一般当日券¥2500)
*日時指定・全席自由。
*整理番号はありません。入場は先着順です。
*学生券は当日受付で学生証をご提示ください。
*開場は開演の30分前、精算受付は開演の60分前に開始します。
*共に1ドリンク付き 小学生以下無料(要保護者同伴)

- - - - - - - - - - - - - - - - 

チケット予約・お問い合わせ
1. ネオンホールメール info@neonhall.com
【1.公演名】【2.日程】【3.時間】【4.名前】【5.枚数】【6.電話番号】を明記して送信してください。

2. ナノグラフィカ電話 ☎026-232-1532(12時〜18時)

プレイガイド
ネオンホール / ナノグラフィカ / 和光照明 / 雑貨クラクサ / ガレリア表参道

- - - - - - - - - - - - - - - - 
総合プロデュース:増澤珠美(ナノグラフィカ)
主催・企画・制作:ネオンホール
舞台美術:なかやま☆はるか
宣伝美術・演出助手:大沢夏海


全て見る/  1 /  2 / 3/  4 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る