nepontop11.jpg

Blog rssicon

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 金田渚さん

更新日:2018年01月22日|書いた人:少女都市からの呼び声

金田渚さん(役:医師の助手、フランケの助手、幼女)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
金:短大の時、夢幻工房さんの夏のオープン参加に出たのが最初です。それが19歳の時でした。そこから3回はオープン参加で出ていました。そのあと、22歳の時にネオンホール短編劇場に出させていただいたんです。初めて小劇場で、お客さんが間近にいる状態でやらせていただいたのがすごく衝撃的な体験で。そこから、お客さんの空気感を感じて芝居がしたいと思うようになって、長野市内の劇団「空想≠カニバル」に入りました。その後に長野市芸術館アクトスペースのオープニング公演「KENJI」をやらせていただいたのも大きかったです。今はサトケンさん(佐藤健一:有沢役)と「劇的NAGANO-project」という演劇イベントをやらせていただいています。
三:普段はどんなことをしているのですか?
金:プログラマーをしていまして、システム開発の仕事をやっています。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
金:初めて行ったのは、ネオン20周年記念公演の「邪宗門」だったんです。アングラ演劇を見たのはそれが初めてだったので、すごい熱気と暗さと…とにかく熱量に圧倒されました。長野でこんなことができる場所があるんだって衝撃でした。だから、今回25周年記念公演に参加できて本当に嬉しいなって思いますね。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
金:ベテランの方々が久保井さんに演出を受けているのを間近で見られるはすごく貴重な機会なので、稽古を見ている時間も全部吸収したいですね。役に関しては…今回、脇だっていう意識でいてはいけないとは思っていて。メインの人たちの芝居が引き立つように何か自分でできることがちょっとでもあればやりたいなって思っています。


三代

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 土井れーじさん

更新日:2018年01月22日|書いた人:少女都市からの呼び声

土井れーじさん(役:老人、医師)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
土:「母アンナの子連れ従軍記」(2011年)の時です。門前研究会で知り合ったたまちゃん(増沢珠美:雪子役)に「今度市民演劇あるんだけど、出なよ」って言われて、お酒も入ってて「いいよ」って言っちゃったんだよね。
三:普段はどんなことをしているのですか?
土:会社員です。オフィス家具とかを売ってます。今度近くに移転するんだけど、ちょっとした弾き語りだったりお芝居だったり、発表の場になればいいなと思ってます。家具屋なんだけどね。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
土:「母アンナ」の時だと思うけど、そのときはそもそもネオンホールとして認識してなかった。その後で、用事があって行った時に初めて認識したんだけど…すごく敷居が高いんだよね。お客さんとしては、ゴッサンの芝居を観に来たり、オープンマイク「名無しのゼロ」に来てみたりしたね。ネオンの20周年記念公演「邪宗門」の頃から徐々に普通に入れるようになっていったかな。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
土:とにかく足を引っ張らないようにすることだね。役に関しては…老人っていう引き出しは僕には無いので、あまりしっくり来てなかったんだけど、もうこのまま行くしかないな、と。とにかく僕なりの老人をやるしかないと思っています。


三代

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 木津誠之さん

更新日:2018年01月22日|書いた人:少女都市からの呼び声

木津誠之さん(役:連隊長)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
木:僕が子供の頃に、母親が英語劇を教えてたんですよ。だから必然的にうちの兄弟はそれに参加していました。それがお芝居することの原体験だと思います。信州大学に入って演劇に再び出会って、続けていたらネオンホールにつながった、という感じかな。
三:普段はどんなことをしているのですか?
木:東京で「劇団文学座」の役者をやっています。この期間中長野では、二郎さん(岡村二郎:医師、老人役)のところでアルバイトをしています。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
木:僕は工学部だったんだけど、当時教育学部の先輩に誘われて、オリジナル作品をネオンホールで上演したんですよ。それが初めかな。それか、カフェシアターの「盲人書簡」かな。でもその前にたまちゃん(増沢珠美:雪子役)や清水さん(清水隆史:ネオン創始者)とは、「おまつり研究会」(信大教育学部の劇団)つながりで知り合ってました。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
木:ありきたりですけど、見に来ていただいたお客さんに楽しんでいただける作品になったらいいなと思います。ネオンホールという空間が、これからも続いていってほしいし、皆さんにつないでいってほしいので、そういう意味ではこれも一つの通過点になればいいなと思います。唐さんの詩的なセリフを、自分のエゴを消しつつお客さんにちゃんと伝えたいし、なおかつ心を動かしたいですね。この劇世界を形作る一員として、精一杯頑張りたいと思います。


三代

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 雪之丞DIEさん

更新日:2018年01月22日|書いた人:少女都市からの呼び声

雪之丞DIEさん(役:有沢)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
雪:22年前くらいかな。所属している「演劇実験室カフェシアター」の「邪宗門」でデビューしました。
三:演劇を始めたきっかけは?
雪:当時寺山修司とか江戸川乱歩が好きで、色々あって長野に帰って来た時に、寺山さんのところで芝居やってた方が劇団をやっているということで稽古を見学に行って、これだ!と。それから、当時唐組を見に行って衝撃を受けたのも大きいですね。21歳くらいの時かな。本当鮮烈な…今でも思い出すというか。
三:普段はどんなことをしているのですか?
雪:LA在住のロックスターです。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
雪:1995か1996年のスーパーネオンホールに行って、ベロンベロンに酔っ払った記憶があります。カフェシアターの人に教えてもらって行ったんだけど。長野は何にもないと思ってたから、こんなところがあったんだって本当に嬉しくて。面白くなかったら自分で面白くすればいいじゃない、っていうところは清水隆史(ネオン創始者)に少なからず影響を受けていると思います。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
雪:まず感謝、ですね。22年前の自分に、頑張って続けてたらこういうことがあるよって言ってあげたいね。台本と、出演している皆さんに敬意を持って本番に挑みたいです。


三代

『少女都市からの呼び声』出演者インタビュー 紺乃星さん

更新日:2018年01月22日|書いた人:少女都市からの呼び声

紺乃星さん(役:ビンコ)

三:演劇を始めたのはいつ頃ですか?
紺:高校生の時に、ESSっていう、英語でシェイクスピアをやるっていうクラブに入っていたの。そこで演劇を初めてやって、面白いんだなって思って。その後大学で日本語の演劇をやっていて。50歳を過ぎて子供が手を離れてから、長野で演劇を始めたの。演劇歴としては、合わせると15年くらいかなぁ。
三:普段はどんなことをしているのですか?
紺:税理士法人に勤めています。
三:ネオンに初めて来たきっかけは?
紺:23、4年前、ラジオ局に勤めていて、そのゲストで清水さん(清水隆史:ネオン創始者)に出ていただいたんですよ。その関係で、ネオンでやるイベントにはたまに顔を出す、みたいな感じで。自分がここでお芝居やる前から、結構見に来てたの。初めて見たのは、確かカフェシアターさんでした。
三:ネオンで初めて舞台に立ったのはいつですか?
紺:8年くらい前、自分たち(ガラス組)でやった芝居が初めてだったと思います。それ以降は毎年くらい出させてもらってますね。ネオンの企画のものはいつもオーディションを受けさせていただいてます。プロの演出家が来てくださったり、演出家によって指導の仕方も違うし、勉強になるので出させていただいています。
三:本番への意気込みをお聞かせください。
紺:ラストシーンで、見ている方の心に残るようにできたらいいなと。夢と現実とを行き来するような不思議なお話なんだけど、見ている方たちがふっと心を掴まれるような感じのラストになればいいなと思いながらやっていきます。


三代

全て見る/  1 / 2/  3 /  4 /  5 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る