nepontop11.jpg

Blog rssicon

いいやま雪まつり 2012/2/12

更新日:2012年02月15日|書いた人:大沢夏海イベントレポート

いいやま雪まつりで演奏してきました。(チョコレートタウンオーケストラ)
地元のおまつりらしく、家族や子ども達が沢山いて、
おみこしもでて、出店の食べ物を食べたり、酔っぱらったり、仮面ライダーショーをみたり、ステージでダンスの発表をしたり…あ、でっかい雪の滑り台もありました。
大雪の飯山、相変わらず素敵なところでした。
色とりどりの、子どものつなぎ&ぽんぽん帽子がとてもかわいらしかった。
祝30周年!

_MG_6023.jpg

_MG_6081.jpg

他の写真はこちら

2012/2/13(月)今日はお休みですが…、

更新日:2012年02月14日|書いた人:小川哲郎イベントレポート

しばらく、ブログを書いていなかったのですが、
ふと思い立って書いてみます。

最近も相変わらず、なんやかやと慌ただしい日々です。
でも、この週末は、沢山の感動がありました。

権堂アーケード放送が始まって、3ヶ月が経とうとしているんですが、
始まった当初、いつかはTheEndの生演奏が聴きたいと思っていました。
その念願が、土曜に実現したのです。
2曲、演奏してくれました。
曲は権堂にちなんで「イトーヨーカドーブルース」と「権堂の中心で角を曲がる」を歌ってもらうようお願いしました。
桜井さんの歌が権堂に流れている状況が、自分の想像以上に感動的で、思わず…、


昨日、日曜は灯明祭りの期間にあわせ開催されている「もんぜんまち劇場」のプログラムの中から、2つの作品をみてきました。
1つはぱてぃお大門の中のカフェビーンズで行なわれたD×Pビートウッズ「旅立ちの詩」。
前回、昨年6月に行なわれた公演を見た何人かの人がとても絶賛していたので、
期待していったのですが、もうすごく良かったです。
お芝居が始まって、最初の台詞で心うたれました…!
演技に対する、底抜けな純粋さというか、言動ひとつひとつが、まぶしくて、
観ているうちに、いろんなところが開いていくというか、
舞台にグイグイ引き寄せられていくのを心地よく感じてました。
もう、何回でもみたい。

その後は、黒ノ七子さんのひとり芝居「黄村先生言行録〜花吹雪〜」を花蔵で観てきました。
七子さんは、前回のスーパーネオンにも出演してもらいました。
ネオンホール以外の場所で七子さんのお芝居を見るのは初めて。
今回のお話は太宰治の原作を元にした1時間くらいの作品だったんですが、
1時間、一人だけで舞台に立ち続けるって、ホントにすごい…!
最後は、太宰節と七子節のダブルパンチを食らったような、爽快感でした。
また来週、日曜の公演もあるので、是非色んな人に観て欲しいです。

そして、今週の土日は、もんぜんまち劇場のひとつとして、ネオンホールではゴッドサウンド+スタジオエンドの公演があります!
今回の演目は三島由紀夫の近代能楽集から「班女」。
楽しみです!

その他、カフェ マゼコゼで羽布さんのプロデュースする、こちらも近代能楽集の「卒塔婆小町」や、最終日19日(日)にネオンホールで交流会などなど…、色んな催しが予定されてます。

あ、今年は、そば巡りもしてみています。

ー哲郎ー

節分気分 2012/2/3(金)

更新日:2012年02月04日|書いた人:大沢夏海イベントレポート

気分というか、今日は節分でした。

いつの間にか権堂という町(というかなんかこう、かたまりみたいなもの)に
どんどん(やや積極的に)巻き込まれているネオンホールです。
うれしい事です。

今日は秋葉神社で節分会がありました。
長細いステージから投げられる、お菓子や景品を
みんな一生懸命キャッチしようと手を伸ばします。
来賓がそのお菓子を投げるのですが
演歌歌手が来ていたようで、たくさんのひとがあつまっていました。
なんでも権堂の節分にきた芸能人はその後ブレイクするのだとか・・・。

私は群衆が怖くて、ちょっと離れたところや、
安全そうなところでみんなを眺めつつ、
落ちてた飴を拾ったりしました。(サバイバル精神ゼロ)


夜はネオンに戻って、鬼に豆をぶつけたり
松本から来てくれた方と秋のイベントの計画をしたり、
ごうきさんが持って来てくれたテーブールゲームに夢中になったりしました。

_MG_5988.jpg

節分を、まんきつしました。


夏海

Nikolaschkaレコ発ライブ 2012/1/29

更新日:2012年01月30日|書いた人:大沢夏海イベントレポート

Nikolaschka

_MG_5904.jpg

■出演=Nikolaschka、ジ・オーパーツ、ひとり前川エクスプロージョン、夕暮レおかわり少年団

去年ジ・オーパーツがJでライブした時に
哲郎に(?)シンパシーを感じてくれたNikolaschkaの司くんを
前川エクスプロージョンの篠原君が紹介してくれて、
物好な人もいるもんだとか思いながら
Nikolaschkaがネオンに出演することになって
いざ観たら一目惚れして、
興奮してネオンコンピに誘ったら入ってくれて、
そのコンピの編集をした夕暮レおかわり少年団のじーまが大絶賛して、
今日のレコ発が実現しました…のです。

そんなわけで相思相愛
あたたかな夜でした。


夏海

権堂パブリックスペース「OPEN」

更新日:2012年01月28日|書いた人:大沢夏海イベントレポート

10月、権堂の空き蔵をみにいきました。
すごく魅力的な場所だった(蔵が何棟かと広場)のだけど
その場所がいよいよ動き出したとのこと。
もん研(門前研究会)でも権堂について語り合われたりと
なんだか権堂、ざわざわしてます。
相変わらずよくわからない事も多い(気持ち的に)まちづくり活動ですが
権堂に関しては他人事でないし、
一つ一つの出来事はわくわくすることだと思います。

わくわくするといえば
北九州の
枝光本町商店街アイアンシアター
という商店街の中にある劇場のUst番組はすっごいわくわくした。
商店街の中にあるその劇場に、
近所のおじさんが
「テレビつまんないからちょっと演劇みにきた」
ってやってくるらしい!

映画の「大鹿村騒動記」をみた時もそうだけど、
劇場やステージやアートが現実としてひとの生活と関わっている事に
すごく感動しました。

そうそう、話をもどして…
その空き蔵プロジェクトの実態(の一部?)が
facebookページに公開されていたので引用します。

長野市権堂パブリックスペース“OPEN”
長野駅と善光寺のほぼ中間に位置する長野市権堂地区。アーケード街を1本脇に入ると、そこには2階建ての大きな屋敷と納屋、ふたつの土蔵が建つ空間があります。
もう何年も使われていないこれらの建物をリノベーションし、ショップやカフェのあるパブリックスペースとして再利用するプロジェクトです。スペースの名前は“OPEN”!2012年春以降、順次オープン!

水曜日、アーケード放送にも登場しました。
放送の録画はこちら。(前半はJBN、後半がOPENの番組です。)


10月に見学させてもらった時に撮った写真。
記録しようと思って撮った訳ではないので
全体がどんなか全くわからないですが
(私が抜粋した…すいません)雰囲気だけでも


_MG_4519.jpg


_MG_4513.jpg


アングラというかマイノリティーぎみな私たち(笑)が
“パブリック”に対してどんな風に関われるかわからないけど
わからないからこそ、たのしみ。
ということで。


ナツミ

全て見る/  1 /  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 / 24/  25 /  26 /  27 /  28 /  29 /  30 /  31 /  32 /  33 /  34 /  35 /  36 /  37 /  38 /  39 /  40 /  41 /  42 /  43 /  44 /  45 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る