nepontop11.jpg

Blog rssicon

2014/3/17 ライブ

更新日:2014年03月17日|書いた人:大沢夏海イベントレポート

経緯がよくわからないまま、ニイタカヤマ(バンド)のライブの後に、舞踏が始まった。
まるさんの「あーあ、あーあ」「んあどあすぃzんx(?)、テーブルトイスモッテドコイクノ、テーブルトイスモッテドコイクノ、テーブルトイスモッテドコイクノ、アーア、アーア」でクライマックスをむかえ、終了。

謎の空気のまま次の出演者、田沢明善君のステージ。田沢君、がんばる。

そんなネオンホールらしい夜。


■出演=コイケテツヤ、ニイタカヤマ、茶臼山セッション、田沢明善、密獣アンサンブル

満たされました。

natusmi

2014/3/14(金)TheEndワンマンライブ2デイズ 「ひとすじの縄」1日目、セットリスト。

更新日:2014年03月15日|書いた人:小川哲郎イベントレポート

TheEndワンマン2デイズの経過報告ということで、一日目のセットリストです。

1. ポップアート
2. ータイトル不明ー(暮れていくまち)
3. 県知事について
4. 権堂の中心で角を曲がる
5. 30歳
6. ブルースから逃げるためのブルース
7. カミングアウト パート2
8. バンジージャンプ・ガムテープ・ドッグのブルース
9. 前回までのあらすじ
10. あいつの奥さん
11. のびのびジーンズ工場
12. 喜怒哀楽(キッドライラック)のテーマ
13. GREEN
14. パラパラマスターのフミヤはバイトの後輩でした(降り積もる雪のように)
15. 子どもを殴ったサンタクロース
16. くノ一忍法帖の新しいビデオが出たのに
17. 彼女の家族はひとりのこらず中日ドラゴンズキチガイ
18. こちらのレジへどうぞ
19. 今日は死ぬのが面倒くさい
20. 二塁打
21. 雪だるま
22. りんご
23. にせもののギブソン
24. 段ボールおじさん
25. ロックンロール
26. ヘッドスライディング

ec1. 引き潮 w.山川のりを
ec2. お弁当箱(Vo&Gt:山川のりを、Ba:TheEnd)

3時間40分、休憩なしで28曲。
これだけ沢山聴いても、まだまだ聴きたい曲がある。
あまり長いとは感じなくて、むしろ時計をみてびっくりしました。

知らない曲が結構あったけど、そのうち半分は昔の曲で、もう半分はごく最近の曲でした。

アンコールでは、オフで聴きに来てくれていた山川のりをさんとの合奏。
自分のワンマンでありながら、まさかのベースを演奏しての終わりでした(桜井さんらしい)。

今日は、コアなTheEndファンの方がほとんどだった様子で、みんなストイックに聴き続けてました。なんとなく「明日世界が終わります」と知らされて、この世の終わりにTheEndの歌を聴きたいと集まって来た人たち、を勝手に連想しました。そして、ぼくはもし明日世界が終わるんだとしてもTheEndのライブが観れたらなんかちょっといいかなと思いました。10年ちょっと聴き続けて、ようやくTheEndの名前の意味がすこし分かった気がしました。

きっと明日はまた全然違う感じになるんじゃないかと思います。
ファン(自分も)にとって、貴重なライブだと思います。
どうか、ぜひ聴きに来て下さい。

ネオンホールプロデュース公演 終了しました。

更新日:2014年03月12日|書いた人:イベントレポート

1月に配役選考会をしてからはや2ヶ月。
ネオンホールプロデュース公演が無事終了しました。
プロジェクトが具体的に本格始動始めてから2ヶ月(!)、
本チラシができてから約2週間と、短い告知期間にもかかわらず
400人弱の方にご来場いただきました。
かかわってくださった皆様、本当にありがとうございました。

蔵春閣からネオンホールに会場を移して、
できるようになったことも、できなくなったことも、きっとありました。
わたし自身は西村さん演出の演劇企画に参加すること自体初めてだったので
昨年までとの比較はできませんが、
2週間という短い時間でたくさんのことを決断して、で、完結させる、
終着駅まで到着させる、という行為自体とても新鮮でした。
なんというかバンドでいったらある程度楽器できるメンバー集めて、
でも楽器も買いそろえるところから始めるけど、本番は2週間後に一度きり、みたいな感じ。
曲覚えて暗譜して楽器の音が出るようになっても、
お客さんの心揺るがすような合奏しようと思ったらそれなりに年月かかるわけで。。
終着駅にきちんとたどり着くのは、やっぱり難しい。
でも終着駅は「ある」ってことを具体的にしていく、演出家の仕事を間近でみれたのはすごく面白かったです。

そうはいっても、演奏だけすればいいってことでもなく、そのステージも作るってことで、稽古と同時進行で、アルテックを運び出し、音響卓も運び出し空っぽになったネオンホールにビールケースを山ほど(実際に山)搬入して、コロシアム形式の客席をくみ上げ、シャンデリアをぎりぎりで探し出し、ワンピースを3着とポシェット3つを作ってもらって、あちこちから小道具をかき集め、照明を組みました。
毎日膨大に増えていく TODOリストにめまいを覚え、いろんな人のそれぞれの特技?に感心し、若林君の楽しそうな姿に癒されました。
ただこのスピード感でできたのはいつものチームだからというのと、
それ以上にやっぱりこれまでの5年間で蓄積した経験の成果なんだろうと思いました。
わたしはその積み上げた物に乗っかった感じで、割とマイペースに楽しく仕事をさせてもらいました。すいません。ありがとうございました。
(写真も、もうちょっとまじめにとればよかったか。。)

IMG_1153.JPG
IMG_1079.JPG
IMG_1089.JPG
IMG_0044.jpgIMG_0043.jpg
IMG_0049.jpg
IMG_1049.JPG
IMG_1134.JPG
IMG_1156.JPGIMG_0023.jpg

個人的に稽古を含めて楽しい演劇イベントをしたいというより、心動かす作品を作りたいと思って参加していました。
結果、できたものに対して全く客観的に観られない(わかってたけど)ので、なんというか、もうちょっと(来年も)やってみたいなと思ったのでした。


以上。ネオンホール的レポートは店長ブログに期待。

natsumi

あ、そうそう、ステージでつかった道具類を販売しました。
舞台セットの鏡、ダイニングテーブル&椅子、鏡から、テーブルの上のお茶セットまで。
おかげさまで微妙に売れました。ありがとうございます。
エコ演劇。
どうぞ大事に使ってやってください。

IMG_0062.jpg
IMG_0061.jpg

井出マサヒコのイベントレポートブログ『安曇野からネオンを込めて①』

更新日:2014年02月26日|書いた人:イベントレポート

突然ですが、

松川村にお住まいの井出マサヒコさんから、熱心なイベントレポートが届きました。
イベントは、先日行われた日香里ちゃん主催イベントです。
以下に掲載します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2014/2/11(火)
「日香里presents おいしいネオンホール」

 彼女に初めて会った日は2012年の5月、インターネットでオープンマイクイベント「ななしの0」を知り、初めて出向いたネオンホールでした。ほかの方が書かれた詩の朗読を進められステージで朗読する凛とした彼女にどこかオーラを感じ、後に演劇役者をされている事を知ります。それが元で彼女も出演された「邪宗門」や「犬神」の圧巻な演劇を鑑賞し感銘を受けました。

 そんな日香里さんの企画するライブイベント「おいしいネオンホール」に今回お邪魔しました。

 時がたつにつれ、ネオンホールへの関心が高まる中、ずっと気になっていたアーティストが集結されているイベントという事で楽しみにしていた日です。

 イベント当日開演前には、ネオンホール内は、大勢のお客さんが来られていました。日香里さんの人柄を感じます。普段よりも若干トーンアップされているところが初々しい日香里さんの開演コメントでライブがスタートされました。

 トップは、エイトヤマザキさんです。喜怒哀楽な日常を暖かく歌い上げ、そこに心地よくギターの音色が絡み合います。以前、松本市で広い会場内を包み込む音響環境で鑑賞した時とは違い、今回はステージ間近での鑑賞で、生の弾き語りが身体に響き鳥肌が立ちました。混雑しているホール内を気配りされているエイトさんのMCも気持ちを暖かくしてくれます。日香里さんからの課題「おいしい」をテーマにした楽曲では大事な人といただく料理が美味しいという発想から生まれた新曲を披露されました。エイトさんの弾き語りを聴き、涙する方もおられたとの事を後で知りましたが、40歳を越えた自分も、よし頑張ろう! と背中を押してもらえたステージでした。

 今回雑貨屋兼ケータリング屋「ロジェ・ア・ターブル」さんがフードを提供されてました。1月のオープンマイクにて日香里さんがステージ上で、「100円のプリンをたくさん食べるより10,000円のプリンを味わって食べる事が美味しい実感です!」と話してくれましたが、提供された美味しい料理は、財布にも優しいリーズナブル。出演されるアーティストをコンセプトされたというフードの数々の中、もつ煮とエリンギの天むすに煮大根をおいしくいただきました。
 
 ジ・オーパーツのパフォーマンスがノイズと共に始まりました。様々で互い違いなリズムとサウンドが縦横無尽に響き歌詞へと繋がっていきます。20年以上前のバンドブーム世代には、本来持っていないリズム感が襲いかかってきます。一瞬毒を喰らったかのように身体が膠着しましたが、すぐにその世界観へと覚醒されていきます。いわゆる次世代サウンドで自分には縁の無い音だと思い込んでいたのかもしれませんが、このライブを体感して新たな音楽への興味が広がりました。「おいしい」をテーマにした楽曲では新曲を披露されましたが、「おいしいだけで満足かい?」というワンフレーズがしばらく自分の脳内を支配していました。

 ステージセッティングに関心を持ち観察してましたが、仕事とはいっても、その手際良さに感心します。会場内は出演交代間も賑やかで、フードやドリンク提供も好調のようでした。

 演劇「邪宗門」出演や、そのホームページの写真紹介での記憶がよみがえる女性なのですが、今回シンガーとして初めて鑑賞する井原羽八夏さんのステージが、グッとくるピアノ演奏からスタートします。とてもポップなピアノ演奏に自分も心踊ります。そこに優しい歌声が同じようにテンポよく駆け抜けていき、その流れでおいしい課題曲はカバー曲を披露されました。気持ちいいサウンド、そして日常生活の中に不思議な歌詞の要素が加わり心地よく身体と心をほぐしてくれます。MCでは、日香里さんとの出逢いから今までのエピソードを話してくれました。とても和んで華やかなステージを堪能しました。

 実際クラブに出向いた事はないのですが、こうちゃんことDJ Jazz catchさんの選曲は、テレビやラジオで聴くクラブミュージックから、往年の洋楽ヒットが巧みに交差して出演交代の間の場を盛り上げます。こうちゃんも自分が初めてネオンホールに行ったとき途中入場されて、役者魂を感じる朗読劇を披露されました。音源をコンパクトなDJ卓で操る姿と、他のイベントで役作りしたと聞いた金髪がマッチして格好良かったです。

 トリの前川エクスプロージョンのライブが開演します。ジ・オーパーツ同様、以前から気になっていたバンドですが、度々ネオンホールのホームページ内で拝見する存在感が、尖ったイメージを抱いていたため勝手に自分が緊急していました。が、あっという間にその緊急をぶっ飛ばしてくれます。間違いない、文句なしのrock'n'rollがイカ天世代の自分を熱くさせます。そこにホップな軽快感とファンクな爽快感のグルーヴが追い討ちをかけてきます。そうかといって懐かしさは感じない新鮮なサウンド。ライブレポートを残したくてメモを取っていたが止めて、どの曲がおいしい課題曲か分からないまま、ただ本能に身を寄せて観戦しました。次回は是非スタンディングでの観戦もしたいです。

 普段、オープンマイクイベントや演劇では見せない感極まった表情が、こちらも心打たれる日香里さんの終演挨拶でした。2月11日、誕生日を迎えた日香里さんにどこからともなく「happy birthday」をどなたか口ずさみ、そのまま大合唱に変わり終始高揚感に包まれたステージは幕を下ろします。

 今回このライブイベントで初めて出演アーティストを鑑賞された方々が自分も含めて大勢おられた雰囲気がありましたが、どの方もそれぞれに満たされた気分になられたイベントという想いを感じ、出演されたアーティストのライブをまた鑑賞できればとの願いを抱きながら帰宅しました。

 申し遅れました。自分は、オープンマイクイベント「ななしの0」をメインに約月1回、北安曇郡松川村からネオンホールに出没する一般人、井出マサヒコと申します。イベントレポートを通じて、よりネオンホールと関われたら幸いです。皆様の前に出没した際は、何かとよろしくお願いします。

にゅう長野 権堂まち勉強会 2014/2/11

更新日:2014年02月19日|書いた人:大沢夏海イベントレポート

去年から権堂でやっているまち勉強会。
権堂の商店を訪ねて商売のことや街のことを教えてもらおうという会です。
専門店もおおいのでプライベートではめったに足を踏み入れないお店にも入れるのも魅力。(ダンスウェア専門店とか) そして普段は聞きたくてもなんとなくやり過ごしてしまうあれこれを、ここぞとばかりに質問できます。

今年最初の店舗は「にゅう長野」。
もう、最初からネタだらけのテンションあがるセレクトでうれしい!
なんで「にゅう」なのか、ファミリー割烹に込められた思いとは?
なぜトイレに柿の木がはえてるのか?
壁一面に埋め尽くされた大量の漫画はいったい誰のなんなのか?
そして81歳!になるというおかみさんの元気の秘訣、この場所からみてきた権堂の歴史とは?

 

そのうち、まちづくりセンタースタッフのテキストレポートが
あると思いますのでお楽しみに。

チラシと、今後の予定はこちらにも。
http://www.neonhall.com/blog/2014/02/6_3.php

全て見る/  1 /  2 / 3/  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 /  30 /  31 /  32 /  33 /  34 /  35 /  36 /  37 /  38 /  39 /  40 /  41 /  42 /  43 /  44 /  45 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る