nepontop11.jpg

Blog rssicon

長野市民日記-204

更新日:2017年06月21日|書いた人:【連載】長野市民日記

NSZW20170620-01.jpg

長野市民日記204 2017年6月21日(火)

 今日、畑の草取りをした。
 ボクは百姓なので、野菜を育てて野菜を売る百姓なので畑が職場である。
 ここ三日くらいはキュウリを収穫。国道18号線ぞいの直売所に売りに行っている。
 ”あ~ホント雑草って元気だよな~”
 畑の中にしゃがみ手で草取りをするボク。プラスチック製のザルをわきに置き、抜いた草を入れていく。
 ”マジ根気勝負だぜ~”
 草取りは根気がいるのである。地に這いつくばるようにして草をブチブチ抜く。
 ブチブチ抜きながら思った。
 ”明日のお見合い楽しみだな~”
 実は明日の夜、お見合いに行く。
 お見合いの相手は山田さん(リンゴ農家)の娘さん。28才で農協の事務をしている。
 お見合い写真(ワンピ姿)を見て思った。
 ”カワイー!!そして巨乳~!!” 
 さっそく嫁に来てもらいたいのである

長野市民日記-203

更新日:2017年06月11日|書いた人:【連載】長野市民日記

長野市民日記202 2017年5月30日(火)

 今日、カラオケに行った。
 近くの商店街に”まねきネコ”というカラオケ屋があり、そこへ一人で行った。
 一人カラオケである。
 個室にてマイクをにぎるボク。「んっんっああっあ~」ノドの調子を整える。
 そして・・・。
 「二人共~!会いたかったニョ~ン!」
 余興の練習をする。友達の結婚披露宴でやる余興の練習。(本番は来週日曜日)
 「ボク、歌います!」
 唐突に宣言。宣言すると同時に手元のリモコンを押し曲開始。
 「バタフライっ今日は~今までのっ!どんな時よりっ!すばらっしっいっ♪」
 木村カエラの曲『バタフライ』である。
 「赤い~糸で~結ばれてく~!光の輪の中へ~♪」サビを熱唱。サビのみ熱唱。
 「おめでと~二人共ホントおめでと~!」
 本番もこんな感じでいこうと思う。

長野市民日記-202

更新日:2017年05月31日|書いた人:【連載】長野市民日記

長野市民日記202 2017年5月30日(火)

 今日、お墓参りに行った。
 近所のお寺に実家のお墓があるので散歩がてらトコトコ歩いて行った。
 道端に木の枝が落ちていたので拾う。それを電信柱にペチペチあてながら歩くボク。
 ヘンなおじさんである。
 ”ああ~なんかダルいな~”
 昨日から体が精神がダルい。
 40日前、7年間一緒に住んでいた友達が仕事の都合で出ていき今、一人暮らしのボク。
 ”寂しくなったら恋人作ろっと!”
 40日前そう思った。でも現状寂しくない。寂しくない以上恋人を作る必要はない。
 一人暮らしはただただ気楽だ。
 だがここへ来て弊害が発生したと思う。
 他者に気を使わない生活。すなわち他者に感謝しない生活は心身をダルくさせる。
 お寺に到着。先祖代々の墓前に立つボク。
 「ママ。産んでくれてありがと!」
 とりあえず天国のママに感謝してみた。

長野市民日記-201

更新日:2017年05月22日|書いた人:【連載】長野市民日記

長野市民日記201 2017年5月20日(土)

 今日、部屋の片付けをした。
 三日前、一緒に暮らしていたネコのトラが死んだ。(たぶん老衰で)
 トラはボク(43才)の唯一の家族だった。
 ボクは三日間メソメソしてすごした。
 でも今日になって思った。
 「前に進まなきゃならない!」
 庭にあるトラのお墓におまいりする。
 「トラっち。ボクも死ぬまで生きるよ。トラっちのようにほがらかに生きるよ。だから天国からボクを見守ってください」
 ナムナムして目を開ける。
 そして二階の自分の部屋に移動。扉を開ける。扉を開けるとそこはゴミ部屋だった。
 精神不安定を具現化したような汚部屋。
 「よし!片付けるぞ!」
 長野市指定の特大ゴミ袋にゴミを入れていく。約50日分の堆積したコンビニゴミを。
 50分後。「できたよトラっち!」
 片付け完了。精神が安定した。

西澤尚紘

長野市民日記-200

更新日:2017年05月11日|書いた人:【連載】長野市民日記


長野市民日記200 2017年5月10日(水)
今日、演劇作品を観た。
 夜20時から20分間、メロンホールという小劇場にて哲学劇『存在するボクっち』を鑑賞した。
 結論から言う。観てよかった。
 「ボクっちはただ今考え事をしている。だからボクっちは存在している」
 舞台の上でセリフを言う青い髪の女子。その女子は僕の妹のマコ(15才)。
 まさかの自作一人芝居である。
 「そしたら君っちは?」
 両手を後ろにして休めのポーズで問いかけるマコ。
 「君っちは存在するのかよ!?」
 休めのポーズからの両手上げ。元気玉か?
 「存在してる!」
 ”これでもくらえ!”といった感じで両手を振りおろす。やっぱ元気玉だ。
 「だってボクっち、君っち好きだもん!」
 恋心を哲学的に表現した作品だった。

西澤尚紘

全て見る/ 1/  2 /  3 /  4 /  5 /  6 /  7 /  8 /  9 /  10 /  11 /  12 /  13 /  14 /  15 /  16 /  17 /  18 /  19 /  20 /  21 /  22 /  23 /  24 /  25 /  26 /  27 /  28 /  29 /  30 /  31 /  32 /  33 /  34 /  35 /  36 /  37 /  38 /  39 /  40 /  41 


Contents

メニュー

月別に見る

検索




▲上へ戻る