neoninfo-tetsu.jpg

News rssicon

髙山さなえ脚本講座・最終日です

更新日:2011年01月30日

1/30(日)、髙山さんの脚本講座の最終日です。(全三回)
約10名の参加者が書いた脚本を、朗読劇で発表します。

見学のみの参加も可能ですので
興味のある方は是非来てみてください。

13時から始まります。

今年も演劇公演1発目は「ゴッドサウンド+スタジオエンド」!

更新日:2011年01月11日

昨年に引き続き、今年のネオンホール演劇は
「ゴッドサウンド+スタジオエンド」で始まります!!

 2010年、ネオンホール新春アングラ連夜(1/10)、第4回ネオンホール短編劇場(12/5)、冬のスーパーネオン(12/19)と、ネオンホールでの公演をかさね、その度話題を呼んでいた「ゴッドサウンド+スタジオエンド」。
 まるで官能小説のような卑猥な台詞や登場人物を、探究心と真剣さによって“アート”とも言える独自の表現へと昇華させていく芝居。手製の人形を駆使して“ギリギリの”卑猥な表現にチャレンジする姿がみどころです。


2011年2月11日(金)、12日(土)

「お国と五平」
作・谷崎潤一郎
演出・萩原興洋
出演・齋藤綾乃・田中杏奈・萩原興洋

「人形をもちいた演劇です。人形であることをいいことに卑猥な表現をついついしてしまっています。そして今回のお話は女が、台詞が、関係が、そこはかとなく猥褻な感じがありまして、奇妙な人形とネオンホールが完璧な異形な世界を出現させてくれるのです。おたのしみに。」演出家より

●ゴッドサウンド+スタジオエンド
 山梨で結成され、長野県を中心に活動。人形のような動きをした生き物を出現させたい衝動が、結局人形を作り操る演劇をやりたい衝動にシフトし、以来手製の人形での演劇をするカンパニーになりました。谷崎潤一郎や江戸川乱歩など、近代の文芸作品を現代的な解釈とともに人形劇で表現する舞台を得意としています。


■時間=開場19:30/開演20:00
■料金=(前)¥1000
*予約・前売り受付中→メール

髙山さなえ脚本講座 延期のお知らせ

更新日:2011年01月10日

1月9日(日)13時から予定していた
脚本講座を、延期させていただくことになりました。

本来1月9日から全3回の講座の予定を
1月16日(日)からの3週間に変更させていただきます。

〈16日、23日、30日の13時〜〉に変更して行います。

よろしくお願いします。

2011.1.8


定員に達したため、参加受付は終了しました。
2011.1.10

2011年1月6日 あの、ガタンっていうところ、なくなる

更新日:2011年01月06日

時に舞台として使われたりして活躍したり
あの人が来る度つまずいたり
年に何回かお客さんがいすごと落ちたり
してきたホール部分、台形の段差が無くなりました。

ばらしたシステムやらを
8日の営業に向けて全速力で復旧します。

ナツミ

ネオンホール改装中

更新日:2011年01月05日

あけまして
 おめでとうございます。

突然ですが新年早々、ネオンホールは改装工事をしております。

ちょっとだけ生まれ変わったこの場所で
今年もたくさん楽しい奇跡を起こせますように!

みなさまどうぞよろしくお願いいたします!

とりあえず営業日までにしあげなければ・・・!
小池さん(カフェマゼコゼ)、やすみくん
年始からありがとうございます。
よろしくお願いします。

2011.1.5 夏海

« 2010年12月  |  Newsトップ  |  2011年03月 »




▲上へ戻る