neoninfo-tetsu.jpg

News rssicon

予約受付開始 ネオンホールプロデュース 演劇公演 vol.5 柴幸男短編集「四色定理のセブンス・コード」

更新日:2015年09月29日

20151029banner.jpg

2015年10月29日(木)-11月1日(日)@ネオンホール

どんな複雑な地図も、四色あれば必ず塗り分けられる。
世界の数学者を百年以上悩ませた「四色問題」。
今回、私たちは演劇的なアプローチでこの難問の証明に挑戦する。
どんな複雑な世界も、四本の短編で描き出すことが出来る。
そう、四つの音から生まれる和音、セブンス・コードのように。

柴幸男さんが1ヶ月間ネオンホールで滞在制作をして、新作含む5本の短編演劇作品を発表します。

稽古日誌
- - - - - - - - - - - - - - - - - 

【上演作品】

●「あゆみ」ふたりの少女が過ごした時間を歩みでつなぐ。
出 演:清水千恵実、山中志歩、伴朱音

●「ハイパーリンくん」 円周率から宇宙の果てへリズムに乗って旅にでる。
出 演:清水千恵実、永瀬園子、山中志歩、月原康智、新惟ジン、小林初美、中藤奨

●「つくりばなし」悲しみで止まった時間を漫画家とその妻が再び動かす。
出 演:折笠富美子、土井れーじ

●「ぼうずまるぼうず」 仏教を題材に柴幸男が書き下ろす新作短編会話劇。
男性編:月原康智、新惟ジン、中藤奨、土井れーじ、小川哲郎
女性編:波多腰あゆみ、小林初美、佐藤和子、土谷紘子、紺乃星

●「反復かつ連続」 家族の朝食風景をひとりずつかさねる一人芝居。
出 演:青柳真優美/伴朱音 *ダブルキャスト

20151029pro.jpg

- - - - - - - - - - - - - - - - - 
× 29(木)19時/「あゆみ」「ハイパー」「ぼうず(男)」「反復」(伴) 受付終了
× 30(金)19時/「あゆみ」「ハイパー」「ぼうず(男)」「反復」(伴)受付終了
× 31(土)14時/「あゆみ」「つくり」「ぼうず(男)」「反復」(青)受付終了
× 31(土)18時/「あゆみ」「つくり」「ぼうず(女)」「反復」(青)受付終了
× 1(日)14時/「ハイパー」「つくり」「ぼうず(女)」「反復」(伴) 受付終了
× 1(日)18時/「あゆみ」「ハイパー」「ぼうず(女)」「反復」(青)受付終了

【チケットについて】
① 1 公演観劇チケット 全席自由、各回定員60名
■一般前売り ¥2,500 /当日 ¥3,000
■学生前売り ¥1,500 /当日 ¥2,000 *中・高・専門・大学生。学生書をご提示ください。
■子ども(小学生以下) ¥1000 *座席が不要なお子様は無料

② フリーパス (前売りのみ)受付終了しました。
回数の制限なくご入場いただけます。ただし「1公演観劇チケット(前売り)」の方の後からの入場とさせていただきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - 

【予約方法】
メール→ info@neonhall.com
ネオンホール宛に、
1)公演名 2)日程 3)時間 4)お名前 5)種類(一般or学生) 6)枚数 7)電話番号
を明記して送信してください。 返信メールが届いてご予約完了となります。
info@neonhall.comからのメールが受けとれるよう、設定の確認をおねがいします。

電 話→ 026-232-1532 (ナノグラフィカ)

- - - - - - - - - - - - - - - - - 

作・演出 柴 幸男

劇作家、演出家、ままごと主宰。青年団演出部所属、急な坂スタジオレジデント・アーティスト。2010年に『わが星」で第54回岸田國士戯曲賞を受賞。東京の劇場から北九州の船上まで、新劇から北海道の小学生との学芸会まで、場所や形態を問わない演劇活動を行う。近年は香川県小豆島に長期滞在し地域に根ざした演劇を継続的に上演している。2014年より『戯曲公開プロジェクト』を開始、劇団HPにて過去の戯曲を無料公開中。

主催・企画・制作:ネオンホール   総合プロデュース:増澤珠美

<< 前のニュース  |  Newsトップ  |  次のニュース >>





▲上へ戻る