neontop-KAZE.jpg

カテゴリー別に見る [演劇]

チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション 劇作家・演出家 岡田利規スペシャルトークイベント

開催日:2018年02月08日|カテゴリー:演劇  イベント  

チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション 長野市芸術館公演の開催に伴い、チェルフィッチュの劇作家・演出家である岡田利規氏をお招きして「灯明まつり」「もんぜんまち劇場」開催中のネオンホールにてスペシャル・トークイベントを公演に先駆けて開催します。

============
チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション公演情報
(会場:長野市芸術館アクトスペース)
2018年2月24日[土] 17:00
2018年2月25日[日] 14:00
一般:3,000円
高校生以下:1,500円
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/p8998/

■チェルフィッチュ 
岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立し、今年20周年を迎える。独特な言葉と身体の関係性を用いた手法が評価され、現代を代表する演劇カンパニーとして国内外で高い注目を集める。2007年『三月の5日間』にて国外進出を果たして以降、世界70都市での上演歴を持つ。近年は海外のフェスティバルによる委託作品制作の機会も多く活動の幅をさらに広げている。
https://chelfitsch.net/

■『三月の5日間』リクリエーション
2003年3月、アメリカ軍がイラク空爆を開始した日を含む5 日間の若者達の日常を描く。若者のしゃべり言葉をそのまま書き起こしたような戯曲と、そうした言葉によって引き出される無意識な体の動きを過剰に誇張した身体とのスリリングな関係性が、それまで当たり前とされてきた劇構造を根本から覆し、日本現代演劇の転機として語られるチェルフィッチュの代表作。2005年第49回岸田國士戯曲賞を受賞。2007年クンステン・フェスティバル・デザール(ブリュッセル)にて海外初演以降、世界30都市以上で上演をかさね、2011年には100回記念公演をKAAT神奈川芸術劇場にて開催。

初演から10年以上が経ち、若者像も、都市も、情報の速度も、戦争との距離も変わったいま、もはや“時代劇”とも呼べる本作が、全国オーディションによって選ばれた20代前半の俳優7人によって新たに生まれ変わる。
============


■時間=18:00~20:00(予定)
■募集定員=60名(先着順)
■参加費=無料(要予約、公演チケットを予約/購入されている方限定)
■申込方法=11月11日(土)の一般発売日以降、NCACチケットセンター窓口にて、「三月の5日間」公演チケットをご購入の上、所定の申込用紙に必要事項をご記入ください。

中央ヤマモダン コントライブ「うちは貧乏ざます」

開催日:2017年12月16日|カテゴリー:ライブ  演劇  コント  

『少女都市からの呼び声』稽古/22:00〜カフェバー営業

開催日:2017年11月21日|カテゴリー:演劇  カフェ・バー営業  

●演劇作品の稽古をします。
2018年1月にネオンホールにて公演予定
『少女都市からの呼び声』 作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)
※この日、久保井さんはいません。
※見学自由(連絡不要)

■時間=稽古19:30〜22:00/バー営業22:00〜24:00

(昼)『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年11月18日|カテゴリー:演劇  

●演劇作品の稽古をします。
2018年1月にネオンホールにて公演予定
『少女都市からの呼び声』 作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)
※この日、久保井さんはいません。
※見学自由(連絡不要)

■時間=稽古10:00〜16:00

『少女都市からの呼び声』稽古/22:00〜カフェバー営業

開催日:2017年11月14日|カテゴリー:演劇  カフェ・バー営業  

●演劇作品の稽古をします。
2018年1月にネオンホールにて公演予定
『少女都市からの呼び声』 作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)
※この日、久保井さんはいません。
※見学自由(連絡不要)

■時間=稽古19:30〜22:00/バー営業22:00〜24:00

(昼)『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年11月12日|カテゴリー:演劇  

●演劇作品の稽古をします。
2018年1月にネオンホールにて公演予定
『少女都市からの呼び声』 作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)
※この日、久保井さんはいません。
※見学自由(連絡不要)

■時間=稽古10:00〜16:00

“演劇とアートの境界を歩く劇作家” 岸井大輔 自己紹介トークイベント@ネオンホール

開催日:2017年11月07日|カテゴリー:演劇  イベント  アート  

「人間は演技をしている、職場で学校で家庭で、現代劇作家はそのすべてを創らねばならない…」
劇場ではほとんど作品を発表しない“劇作家”岸井大輔さんのトークイベントをネオンホールで開催します。
劇場に限らずすぐそこにある社会の中で「演劇/戯曲/アートとは一体なんなのか!」について考察(リサーチ)し、実践(上演)し続ける劇作家の、まずは自己紹介。
演劇に関わっている方も、演劇わからん、アートって結局何なの、という方も、お気軽にどうぞ。


◎岸井大輔 | きしい・だいすけ(劇作家)
1970年生まれ
演劇ってなんだ、という思考に基づき、散歩コースとかお経とか行政立案とかを作品として作り続けている。緻密でぬけたリサーチには定評がある。代表作「東京の条件」「好きにやることの喜劇(コメディー)」「龍等祭文」。現在、日本語の構造からインスパイアされた創作方法を5年かけて試行する「始末をかく」プロジェクトを実施中。最近はポストコンテンポラリーアートを提唱している。

■料金=1000円+1ドリンクオーダー
■時間=19:00〜22:00
■会場=ネオンホール 長野市権堂町2344/info@neonhall.com

『少女都市からの呼び声』稽古/22:00〜カフェバー営業

開催日:2017年11月06日|カテゴリー:演劇  

●演劇作品の稽古をします。
2018年1月にネオンホールにて公演予定
『少女都市からの呼び声』 作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)
※この日、久保井さんはいません。
※見学自由(連絡不要)

■時間=稽古19:30〜22:00/バー営業22:00〜24:00

(昼)『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年11月04日|カテゴリー:演劇  

●演劇作品の稽古をします。
2018年1月にネオンホールにて公演予定
『少女都市からの呼び声』 作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)
※この日、久保井さんはいません。
※見学自由(連絡不要)

■時間=稽古10:00〜16:00

【貸切】『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年10月24日|カテゴリー:演劇  

●2018年1月、ネオンホールにて公演予定の演劇作品の稽古のため貸切です 
作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)

■時間=19:30〜22:00

【貸切】『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年10月17日|カテゴリー:演劇  

●2018年1月、ネオンホールにて公演予定の演劇作品の稽古のため貸切です 
作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)

■時間=19:30〜22:00

【貸切】『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年10月15日|カテゴリー:演劇  

●2018年1月、ネオンホールにて公演予定の演劇作品の稽古のため貸切です 
作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)

■時間=10:00〜16:00

【貸切】『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年10月10日|カテゴリー:演劇  

●2018年1月、ネオンホールにて公演予定の演劇作品の稽古のため貸切です 
作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)

■時間=19:30〜22:00

【貸切】『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年10月03日|カテゴリー:演劇  

●2018年1月、ネオンホールにて公演予定の演劇作品の稽古のため貸切です 
作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)

■時間=19:30〜22:00

【昼/貸切】『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年09月30日|カテゴリー:演劇  

●2018年1月、ネオンホールにて公演予定の演劇作品の稽古のため貸切です 
作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)

劇団悪党公演20 『見晴荘物語 ~ 強く 気高く 楽しく うるわしく ~』

開催日:2017年09月23日|カテゴリー:演劇  

長野市を中心にアマチュアで活動する、劇団「悪党」2年ぶりの公演です。
今回もネオンホールにて公演を行います。

劇団悪党
結成25年。私たちの創る作品には主役がいません。舞台に登場する人たちは皆それぞれの生活と人生があります。私たちは、一生懸命生きている人たちの人生が出逢った瞬間をお芝居にしようと考えています。今回の作品も日常の中の些細な出来事に振り回されながらも一生懸命生きている姿をコメディー・タッチでえがいています。

■作=劇団悪党 ■構成・演出=中村 角造 ■制作=劇団悪党
■出演=汀 ひだり、仲村 文、楠 夏子、楠原 想夏、如月 はつか(カフェシアター) 宮下 リエ(七味堂)

■時間=開場13:30/開演14:00 開場18:30/開演19:00
■料金=前売り(一般)¥1500(中高生)¥1000/当日(一般)¥1700(中高生)¥1200

劇団悪党公演20 『見晴荘物語 ~ 強く 気高く 楽しく うるわしく ~』

開催日:2017年09月22日|カテゴリー:演劇  

長野市を中心にアマチュアで活動する、劇団「悪党」2年ぶりの公演です。
今回もネオンホールにて公演を行います。

劇団悪党
結成25年。私たちの創る作品には主役がいません。舞台に登場する人たちは皆それぞれの生活と人生があります。私たちは、一生懸命生きている人たちの人生が出逢った瞬間をお芝居にしようと考えています。今回の作品も日常の中の些細な出来事に振り回されながらも一生懸命生きている姿をコメディー・タッチでえがいています。

■作=劇団悪党 ■構成・演出=中村 角造 ■制作=劇団悪党
■出演=汀 ひだり、仲村 文、楠 夏子、楠原 想夏、如月 はつか(カフェシアター) 宮下 リエ(七味堂)

■時間=開場19:30/開演20:00
■料金=前売り(一般)¥1500(中高生)¥1000/当日(一般)¥1700(中高生)¥1200

【貸切】『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年09月12日|カテゴリー:演劇  

●2018年1月、ネオンホールにて公演予定の演劇作品の稽古のため貸切です 
作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)

【昼/貸切】『少女都市からの呼び声』稽古

開催日:2017年09月09日|カテゴリー:演劇  

●2018年1月、ネオンホールにて公演予定の演劇作品の稽古のため貸切です 
作:唐十郎/演出:久保井研(劇団唐組)

アートひかり ネオンホールで時々公演2017 vol.4〜小川哲郎凱旋芝居『橋の上の男』

開催日:2017年09月07日|カテゴリー:演劇  

早くも(?)4回目となるアートひかりによるネオンホールでの時々公演です。ブラックユーモア作品をアートひかりの仲田恭子が演出し、前ネオン店長・帰ってきた小川哲郎とアートひかりの懐刀・犀の角レジデントアーティスト杉山雅紀の二人が演じます。
独特のリズムで紡がれては転がっていく関係を、シンプルかつソリッドに観せる舞台作品にご期待ください!

■時間=開場19:00/開演20:00
■入場料=1000円+1ドリンクオーダー

Scheduleトップ

Contents

メニュー

スケジュールを月別に見る

検索

ブッキングに関して

ブッキングに関しては、まずはE-mail、もしくはお電話でお問い合わせ下さい。 (電話の方が早いです。)

■tel&fax:026-237-2719
■e-mail:info@neonhall.com
■address:〒380-0833 長野市権堂2344 2F



▲上へ戻る