neontop-KAZE.jpg

カテゴリー別に見る [演劇]

第26回ネオンホール短編劇場

開催日:2018年08月05日|カテゴリー:演劇  

出演者募集中です
公式サイト

ネオンホールプロデュース演劇公演 『班女』

開催日:2018年07月14日|カテゴリー:演劇  

ネオンホールプロデュース演劇公演 『班女』

開催日:2018年07月13日|カテゴリー:演劇  

演劇を語る会

開催日:2018年05月22日|カテゴリー:演劇  

舞台作品について、感想を話したりする会です。

■時間=19:00〜
■料金=1ドリンクオーダー

岸井大輔創作ワークショップ第2回「観察」(全5回)

開催日:2018年04月22日|カテゴリー:演劇  

作品を作る全5回のワークショップの第2回目です。
作品創作は観察→選択→構成の順に進みます。作品とは何かを考えた前回を受け、今回は自分の思い込みを越えて観察する方法を検討します。
■持ち物=デジタルカメラ機能のついているもの、筆記用具
■条件=岸井大輔の創作ワークショップ「作品」に参加していること

■時間=14:00〜18:00
■定員=6名 要予約
■会場=ネオンホール周辺(集合・解散ネオンホール)
■参加費=2000円(+1オーダー)

第25回ネオンホール短編劇場

開催日:2018年04月08日|カテゴリー:演劇  



■出演=木村企画(松本市)、コントユニット 青点滅(長野市)、カラメル色素(松本市)、Classroom theater(長野市)
ネオンホール短編劇場Web

■時間:14:00〜/18:00〜 開場は各30分前 *各回60席限定
■料金:前売り券1000円・当日券1000円 *前売り券のみドリンク付き

演劇を語る会

開催日:2018年04月05日|カテゴリー:演劇  

舞台作品について、感想を話したりする会です。

■時間=19:00〜
■料金=1ドリンクオーダー

稽古場利用

開催日:2018年04月04日|カテゴリー:演劇  

7月公演予定のネオンホールプロデュース企画演劇『班女』の稽古場利用です
■16:00〜

稽古場利用

開催日:2018年04月03日|カテゴリー:演劇  

短編劇場に出演する「コントユニット 青点滅」の稽古場利用です

■19:00〜22:00

稽古場利用

開催日:2018年04月02日|カテゴリー:演劇  

短編劇場に出演する「Classroom Theatre」の稽古場利用です

■19:00〜22:00

稽古場利用

開催日:2018年03月27日|カテゴリー:演劇  

短編劇場に出演する「コントユニット 青点滅」の稽古場利用です

■19:00〜22:00

稽古場利用

開催日:2018年03月26日|カテゴリー:演劇  

短編劇場に出演する「Classroom Theatre」の稽古場利用です

■19:00〜22:00

稽古場利用

開催日:2018年03月20日|カテゴリー:演劇  

短編劇場に出演する「コントユニット 青点滅」の稽古場利用です

■19:00〜22:00

稽古場利用

開催日:2018年03月19日|カテゴリー:演劇  

短編劇場に出演する「コントユニット 青点滅」の稽古場利用です

■19:00〜22:00

稽古場利用

開催日:2018年03月12日|カテゴリー:演劇  

短編劇場に出演する「コントユニット 青点滅」の稽古場利用です

■19:00〜22:00

戯曲を読んだりする会

開催日:2018年03月04日|カテゴリー:演劇  

25周年記念公演の演劇作品制作で改めて唐十郎台本の面白さに触れた制作スタッフが、見切り発車的にはじめる集まり。今の所行き先不明。唐十郎の戯曲について話したり、読んでみたりしたいです。一緒に面白がってくれる人募集〜。

■時間=13:00〜16:00
■料金=1オーダー+資料コピー代

演劇を語る会

開催日:2018年02月21日|カテゴリー:演劇  

舞台作品について、感想を話したりする会です。

■時間=19:00〜
■料金=1ドリンクオーダー

戯曲を読んだりする会

開催日:2018年02月18日|カテゴリー:演劇  

25周年記念公演の演劇作品制作で改めて唐十郎台本の面白さに触れた制作スタッフが、見切り発車的にはじめる集まり。今の所行き先不明。唐十郎の戯曲について話したり、読んでみたりしたいです。一緒に面白がってくれる人募集〜。

■時間=14:00〜16:00
■料金=1オーダー+資料コピー代

アートひかり演劇公演 ギター弾き語り「銀河鉄道の夜」

開催日:2018年02月12日|カテゴリー:演劇  

■原作=宮沢賢治
■構成・演出=仲田恭子
■出演=小川哲郎

日本でこれほど有名な表題があるだろうか、というほどに人気の高い宮沢賢治「銀河鉄道の夜」。人の心を惹き付けるその秘密はなんなのか?名作にギター弾き語り朗読で挑む小川哲郎版「銀河鉄道の夜」。それはまるで朗読のような音楽のような子守唄のような。琵琶法師的に長編叙情詩をそっと綴る山小屋風の夕べ。どうぞお楽しみに。


アートひかり

「ありとあらゆる芸術を結びつけこだわりと常識の打破を目指す」をコンセプトに2005年に発足。以降、東京、横浜、静岡、大阪、京都、ドイツなどで公演活動やWS活動、地域の知的財産をテーマとした演劇祭の開催、映画のプロデュースなどを行う。2011年以降、長野県に拠点を移し、県内各地でも同じく活動中。17年3月より上田市の新しい民間の劇場、犀の角でレジデントアーティストとして精力的に活動している。

■鑑賞料=一般2000円(1ドリンク付き)、高校生以下500円(ドリンクなし)、中学生以下 無料
■時間=13時〜/17時〜

チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション 劇作家・演出家 岡田利規スペシャルトークイベント

開催日:2018年02月08日|カテゴリー:演劇  イベント  

チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション 長野市芸術館公演の開催に伴い、チェルフィッチュの劇作家・演出家である岡田利規氏をお招きして「灯明まつり」「もんぜんまち劇場」開催中のネオンホールにてスペシャル・トークイベントを公演に先駆けて開催します。

============
チェルフィッチュ『三月の5日間』リクリエーション公演情報
(会場:長野市芸術館アクトスペース)
2018年2月24日[土] 17:00
2018年2月25日[日] 14:00
一般:3,000円
高校生以下:1,500円
https://www.nagano-arts.or.jp/stages/p8998/

■チェルフィッチュ 
岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立し、今年20周年を迎える。独特な言葉と身体の関係性を用いた手法が評価され、現代を代表する演劇カンパニーとして国内外で高い注目を集める。2007年『三月の5日間』にて国外進出を果たして以降、世界70都市での上演歴を持つ。近年は海外のフェスティバルによる委託作品制作の機会も多く活動の幅をさらに広げている。
https://chelfitsch.net/

■『三月の5日間』リクリエーション
2003年3月、アメリカ軍がイラク空爆を開始した日を含む5 日間の若者達の日常を描く。若者のしゃべり言葉をそのまま書き起こしたような戯曲と、そうした言葉によって引き出される無意識な体の動きを過剰に誇張した身体とのスリリングな関係性が、それまで当たり前とされてきた劇構造を根本から覆し、日本現代演劇の転機として語られるチェルフィッチュの代表作。2005年第49回岸田國士戯曲賞を受賞。2007年クンステン・フェスティバル・デザール(ブリュッセル)にて海外初演以降、世界30都市以上で上演をかさね、2011年には100回記念公演をKAAT神奈川芸術劇場にて開催。

初演から10年以上が経ち、若者像も、都市も、情報の速度も、戦争との距離も変わったいま、もはや“時代劇”とも呼べる本作が、全国オーディションによって選ばれた20代前半の俳優7人によって新たに生まれ変わる。
============


■時間=18:00~20:00(予定)
■募集定員=60名(先着順)
■参加費=無料(要予約、公演チケットを予約/購入されている方限定)
■申込方法=11月11日(土)の一般発売日以降、NCACチケットセンター窓口にて、「三月の5日間」公演チケットをご購入の上、所定の申込用紙に必要事項をご記入ください。

Scheduleトップ

Contents

メニュー

スケジュールを月別に見る

検索

ブッキングに関して

ブッキングに関しては、まずはE-mail、もしくはお電話でお問い合わせ下さい。 (電話の方が早いです。)

■tel&fax:026-237-2719
■e-mail:info@neonhall.com
■address:〒380-0833 長野市権堂2344 2F



▲上へ戻る